« 写真日乗2012/06/13〜総理の譲歩、元代表の拳〜 | Main | 写真日乗2012/06/15〜都市生活のリスク〜 »

June 14, 2012

写真日乗2012/06/14〜あいまいな記憶と後悔より記録を〜

Up_web_0012845
撮影:2012/06/14  東京・水道橋
GXR + GXR MOUNT A12 
  Voigtländer WIDE HELIAR 15mm f4.5

共産党、新党きづな、社民党、みんなの党など野党6党が、税と社会保障の一体改革関連法案を反対し、廃案を目指す方向で合意した。議会制民主主義では王道である国会内の法案修正協議を「密室談合」とするのは、明らかにこれらの政党のいかがわしさ、危うさを露呈するものである。
いま、世界で最も懸念されていることはソブリンリスクだ。今日、スペインの国債が、投機的と市場から烙印を押された。この後はイタリアだろうが、イタリアは学者中心の内閣でガバナンスは日本よりはるかにしっかりしている。いま、米国債やドイツ国債が、こうしたリスクの高い国債からの逃避先として地歩を固めている。その中で、イタリアは政権の安定度が高いとなると、市場はそこを避け、他のリスクの高い国債を探し始める。その答が、日本なのだ。
規模が大きいリスクほど、市場に興奮がみちる。日本国債の価格暴落は、逆張りをした投棄筋には、濡れ手に粟の利益となるのだ。それを知らずして、目前の選挙だけで、消費税率引き上げを反対している6党。有権者は、「あのとき、ああしていれば良かった」などというあいまいな記憶に基づく後悔より、「誰が、どの政党が反対したか」を記録しておくべきだ。
日本国債が暴落し、ふたたび証券・金融会社の破綻が起きたとき、十分、訴訟の対象になるはずである。

« 写真日乗2012/06/13〜総理の譲歩、元代表の拳〜 | Main | 写真日乗2012/06/15〜都市生活のリスク〜 »

GXR + GXR MOUNT A12」カテゴリの記事

Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5_」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32568/54961719

Listed below are links to weblogs that reference 写真日乗2012/06/14〜あいまいな記憶と後悔より記録を〜:

« 写真日乗2012/06/13〜総理の譲歩、元代表の拳〜 | Main | 写真日乗2012/06/15〜都市生活のリスク〜 »

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31