« 写真日乗2015/10/03~今年のゴーヤ、終了~ | Main | 写真日乗2015/10/05~いよいよ復帰戦~ »

October 06, 2015

写真日乗2015/10/04~サモア戦快勝~

L1009400ver3

撮影:2015/10/04 於:横浜市・鶴見
Leica M Monochrome Heliar Classic 50mm f2.0 VM

昨晩は、ラグビーワールドカップの予選プール第三戦サモア戦を J Sports で観戦。解説は東京のスタジオにて清宮氏が担当したので、こちらを選んだ。清宮氏の解説は、いかにもチームを預かる指揮官の目からみた試合展開である。接点で勝ち、セットプレーが安定しているため、確実にテリトリーが取れ、相手のペナルティ、シンビンなどに乗じて得点を重ねることができていると前半から繰り返していた。
ワールドカップでは、強いチームがする、ごく普通に見られる展開だが、それを格上のサモア相手に普通にやりきった日本代表の力が本物であることを確信した。
そういえばスコットランド戦は、同じように前半、接点で勝ちピック&ゴーでゲインを切れていたのだが、楽にトライを取りにいこうとオフロードを多用、それがうまくつながらず逆襲を食った。サモア戦は、それとは対照的に我慢強く攻め、また守り、確実に勝利を引き寄せていった。
一緒に見ている家内に私は常々、「ラグビーは20分4本勝負のゲームだ」といっている。前半は、24分かかったが、PGとトライ・ゴールで10-0、前半終了時点で20-0、後半最初の20分でPG2本で6点追加、最後の20分はサモアの猛攻にあったが、トライ1本に押さえ、最終スコアが26-5であった。最後の20分間ではトライチャンスもあったので、ここでしっかりと取れていれば100点満点だったが、すばらしいゲーム・コントロールだったと思う。
日本に敗れた南アフリカが日本に勝ったスコットランドに快勝した結果、勝ち点でこの両チームを上回る可能性はかなり低くなってしまったが、以前も書いたように、トッププレーヤーが集まるワールドカップでのテストマッチに勝つことの意義はとても大きい。アメリカ戦もサモア戦のような力強く安定したゲームを期待したい。

« 写真日乗2015/10/03~今年のゴーヤ、終了~ | Main | 写真日乗2015/10/05~いよいよ復帰戦~ »

日記」カテゴリの記事

Leica M Monochrome」カテゴリの記事

Voigtländer Heliar 50mm f2.0 L」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 写真日乗2015/10/04~サモア戦快勝~:

« 写真日乗2015/10/03~今年のゴーヤ、終了~ | Main | 写真日乗2015/10/05~いよいよ復帰戦~ »

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ
July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31