« 写真日乗2015/10/27~平和な台場へ赴く~ | Main | 写真日乗2015/10/29~平日夕刻の自由が丘~ »

November 02, 2015

写真日乗2015/10/28~ESOTERIC K-05X を購入~

L1009535ver3

撮影:2015/10/26 於:東京ミッドタウン
Leica M Monochrome Ultron 35mm f1.7 VM

ESOTERICというオーディオのブランドをご存知だろうか。もとはTEACという老舗のメーカーの高級オーディオブランド名である。そのSACDプレーヤーを本日購入した。型番はK-05X、同ブランドでは、このうえに01Xと03Xが出ているので、ピュアオーディの世界で中価格帯のものだ。といっても、税別の小売希望価格が58万円であるから、ずいぶん悩んだ。
いま使っているTEACのVRDS25Xという機種は90年代の終わりに登場したもので、税抜の価格で18万円だった。その3倍以上であるから、ずいぶん高級路線に転換したといわれかねない。
しかし、当時の18万円のオーディオ機器を買い替えるのに、いま同価格帯のものを選ぶと後悔する。音質的に物足りないのがその最大の理由だが、それはオーディオ市場が大幅に縮小してしまったために起きていることである。数が出ないピュアオーディオの機器開発費の回収などを考えると、このくらいの価格は仕方ないと感じてしまう。
ところで、このモデルの特徴は、ピックアップのベースにVRDSを使用しているため、堅牢で正確であることに加えて、新しいDACを積んでいることである。いわゆるハイレゾ音楽をPCを入り口として聴こうとする場合、USBでDACに接続することが多いが、このモデルは、USB接続でDSDでは、2.8、5.6、11.2MHzを、またPCMでは 384kHz/32bitに対応できるという。
音源は昔に比べれば高音質のものが増えたが、そもそも演奏が良くないハイレゾも多く、それをメインにするつもりはないが、将来一気にPCからの再生が主流になってきても、このくらいのDACのスペックなら、新たにDAC単体を買わなくとも対応できそうだ。
実際の音はというと、昔の硬い冷たい音色がなりを潜め、ずいぶんとふくよかになった印象が、オーディオ店での視聴で強かった。オーケストラ曲も奥行きのあるふわっとハーモニーが浮かび上がる感じで、好印象だった。もちろんLUXMANやMARANTZなどの他メーカーの同価格帯のものも聴いたが、きめの細やかな表現は群を抜いており、これならば自分の好みの音質に変えるのもそれほど難しくないと感じた。
定年退職も1年半後に迫ってきているが、前の機器を17年使ったことを考えると、買い替えはこれが最後のチャンスなのかもしれないと、清水の舞台から飛び降りる覚悟で購入を決めた次第である。
しばらくエージングに我慢が必要だが、半日単位で、ディスク・リピートで流しておけば、そこそこの音質で聴ける日も近いと思う。わが家に大量にあってこれまでSACDフォーマット(CDとのハイブリッド盤)で聴くことができなかったディスクを聴き直してみたい。

« 写真日乗2015/10/27~平和な台場へ赴く~ | Main | 写真日乗2015/10/29~平日夕刻の自由が丘~ »

日記」カテゴリの記事

Leica M Monochrome」カテゴリの記事

Voigtländer Ultron 35mm f1.7 ASPH.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 写真日乗2015/10/28~ESOTERIC K-05X を購入~:

« 写真日乗2015/10/27~平和な台場へ赴く~ | Main | 写真日乗2015/10/29~平日夕刻の自由が丘~ »

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30