« 写真日乗2016/08/23~納涼歌舞伎第三部の楽しみ~ | Main | 写真日乗2016/08/25~思い出話、第2話~ »

August 27, 2016

写真日乗2016/08/24~思い出話、第1話~

_1020861ver3
撮影:2011/10/23 於:横浜市・鶴見
Panasonic Lumix GH1 Nokton 25mm f0.95

この歳になると、むかしの記憶ばかり蘇ってきて、つい今し方のことは忘れるようになってしまうが、今日は、この5年ほどの記憶を辿り、お話を書いてみたい。

2010年頃から、ある少女を撮り始めた。正確にいえば、少女ではなく幼女である。サイフォンで淹れるコーヒーが美味しい純喫茶「コスタリカ」の一人娘だ。その店は、私の最寄り駅の改札から1分ほど、駅前の店だが、再開発で新しいビルが建ち、そこのドトールやらスターバックスなどができ、もともとマクドなどもあって、来客は常連ばかり、サイフォンで淹れる500円の価値の分かる人たちが来るのみだった。
そこに、東日本大震災発生、福島第一の重大事故、東電管内の原発停止で、電力料金が大幅に上昇、食べるためにほぼ年中無休、深夜も酒を出して営業していたため、光熱費負担も高まり、ついに閉店に追い込まれた。
その一人娘は、ゆりあという。日本人のご主人と中国・上海出身の中国人女性の一粒種である。自分の店が閉店に追い込まれたご夫婦だったが、悪いことばかりではなかった。ゆりあの妹が生まれた。くららという名の女の子である。二人の幼女の写真をその店の中、周辺でたくさん撮ったが、閉店の時、大判のフォトブックにまとめ差し上げた。自分用にも一冊、作ったほどよい出耒だったと思う。
そのお返しに、店でカウンター用に使っていた椅子を3客いただいた。横浜で50年以上商売をしているベル・ファニチャーという店のもので、実にしっかりしたつくりである。革張りなので、破れれば直せる一品。純喫茶「コスタリカ」は、記憶の底に収められつつあるが、この3客の椅子は私にとって、リアリティそのものである。

« 写真日乗2016/08/23~納涼歌舞伎第三部の楽しみ~ | Main | 写真日乗2016/08/25~思い出話、第2話~ »

Panasonic Lumix GX1」カテゴリの記事

Voigtländer NOKTON 25mm f 0.95」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32568/64118931

Listed below are links to weblogs that reference 写真日乗2016/08/24~思い出話、第1話~:

« 写真日乗2016/08/23~納涼歌舞伎第三部の楽しみ~ | Main | 写真日乗2016/08/25~思い出話、第2話~ »

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31