« 写真日乗2017/07/02〜望外の名演奏〜 | Main | 写真日乗2017/07/04〜音楽教室への著作権聴問題〜 »

July 13, 2017

写真日乗2017/07/03〜都民ファーストを軸とする政界再編〜

20170701_dsc2395
撮影:2017/01/01 於・大井川鐵道・千頭駅
SONY α7RⅡ Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm f2.8 ZA

予想通り、自民党大敗、都民ファースト大勝の結果となった。

まさに、安倍長期政権の功罪を首都東京の有権者を考えた結果だ。決して都民ファーストの候補者が優れていたわけではない。小池都知事は、都民ファーストの代表であるけれど、五輪・パラリンピックの競技会場問題、経費負担、さらには築地市場の豊洲移転の問題でも、右往左往しながら、加点するという政治家特有を動き方をしていた。それを快く思わない有権者もいただろうが、自民党側が稲田発言や加計問題などでつまずき、それで都民ファースト候補者に一気に票が流れた感じがする。
落選した自民党の候補者からは、国政での逆風について言及が相次いだ。多選で、これまで安定的な選挙をしていたベテラン議員ですら、街頭演説などで自民党に対して罵声を浴びせる人がいつものより多かったと振り返っている。安倍総理は、「印象操作だ」といったが、それも実は墓穴を掘っている感じがした。政治家が決してやってはいけない、真摯に対応しない典型のようなフレーズだと思う。
誰かから批判をされて、しっかりと説明するのが筋なのだろうが、それを「印象操作だ」の一言で済ますことのできるのか。挙証責任という言葉があるように、少なくとも政府与党として強大な権力を有する限りは、それを果たさなければならないが、それが全くされないまま、都議会選挙の投票日を迎えてしまったわけである。
落選した自民党候補者は、みな執行部の反省、改善する姿勢を求めているが、果たして強気一辺倒の安倍総理はそれができるのか。
それにしても、いち早く都民ファーストと組んだ公明党は老獪だった。国政で自民党と組んでいて危なさを感じ、いち早く行動に移したのが公明党だったわけだ。これで、衆議院の解散・総選挙は遠ざかったが、次の選挙で公明党は自民党との連立を解消した上で選挙に臨むだろう。都民ファーストの国政進出を軸に、大きく政局が動き出すのだろうと思う。

« 写真日乗2017/07/02〜望外の名演奏〜 | Main | 写真日乗2017/07/04〜音楽教室への著作権聴問題〜 »

Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm f2.8 ZA」カテゴリの記事

SONY α7R II」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32568/65518081

Listed below are links to weblogs that reference 写真日乗2017/07/03〜都民ファーストを軸とする政界再編〜:

« 写真日乗2017/07/02〜望外の名演奏〜 | Main | 写真日乗2017/07/04〜音楽教室への著作権聴問題〜 »

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ
August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31