« 写真日乗2018/04/24〜これが最後の仁左衛門「絵本合邦衢」〜 | Main | 写真日乗2018/05/07〜短歌人五月号掲載作品「上巳」〜 »

April 29, 2018

Book Review 伊勢方信歌集 『ピアフは歌ふ』

Image1_2

平和への希求が込められた歌集である。『ピアフは歌ふ』というタイトルは、「ポンピドゥー・センター傑作展」と銘打って、二〇一六年に東京都美術館で開かれた展覧会における体験からとられたものである。一年一作家の作品が展示されるなかで、一九四五年だけ作品の展示がなく、エディット・ピアフの「バラ色の人生」が静かに流れていた情景である。

  バラ色の人生はたれも知らぬゆゑ声おさへ歌ふエディット・ピアフは

結社「朱竹」入会からでも半世紀を超えるベテラン歌人の、現実を見つめ本質をえぐり出す作品群である。収められた四五九首は、自然から社会、家族まで多様な対象から切り取られ、作者の感慨がわかりやすく表出している。そのなかには、現政権の改憲志向に対して、歴史を根拠に異議を唱える作品もある。

  帝都には白き棲むと知る 何からひつくりかへるかこの国

  普天間基地のぞみてよぎれり終戦はうそのごとしも 嘘かも知れぬ

  改憲派の主張聴きゐてミュシャ描く「スラブ叙事詩」の死馬たちあがる

決して声高にはならず、皮肉めいた歌い振りでもない。ピアフが歌手としてなし得たように、歌人が短歌でなすべきことを示している。

(本阿弥書店 〒101-0064 東京都渋谷区猿楽町2-1-8 電話03-3294-7086 定価2,700円+税)

/////短歌人2018年5月号寄稿 /////

« 写真日乗2018/04/24〜これが最後の仁左衛門「絵本合邦衢」〜 | Main | 写真日乗2018/05/07〜短歌人五月号掲載作品「上巳」〜 »

短歌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Book Review 伊勢方信歌集 『ピアフは歌ふ』:

« 写真日乗2018/04/24〜これが最後の仁左衛門「絵本合邦衢」〜 | Main | 写真日乗2018/05/07〜短歌人五月号掲載作品「上巳」〜 »

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30