カテゴリー「AF-S Nikkor 80-400mm f.4.5-5.6G ED VR」の記事

March 31, 2014

写真日乗2014/03/29〜左耳内側が腫れてしまう〜

_dsc0693_2
撮影:2014/03/29 横浜市・鶴見
Nikon D4s  AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

明日。今シーズン三戦目のマラソンレースを控えていながら、体調の不良に襲われている。左耳の比較的手前に裏側が腫れて痛む。午前中、最後の調整を咲き始めた桜を眺めながら無事終え、昼食をとったあたりから痛みだし、夕方は、顔でいえば、左目の左端から左側がどんよりと重たく、痛みを感じるているのだ。
外耳炎だろうかと思い、手持ちの抗生剤を飲んで早々に床につくことにした。幸い、明日の準備は事前にしてあったので、あとはこの薬が効くことを祈るばかり。薬を飲み1時間ほどで幾分か軽くなってきたので、ともかく安静にし、朝、すっきり起きられることを祈るばかり。
こういう事態になっても、もちろんマラソンレースは先延ばしに出来ない。ともかく、最後まで諦めず、治療する。脚の痛みも耳の腫れもまったく同様であり、それは前日であっても、当然、アスリートとしてすべきことなのである。

February 09, 2014

写真日乗2014/02/08~大雪が降った日に~

20140208_dsc8045
撮影:2014/02/08 横浜市・鶴見
Nikon D800 AF-S Nikkor 80-400mm f4.5-5.6G ED VR

東京都心で20年ぶりに積雪が20センチを超えた。未明から深夜まで、ずっと雨にならず降り続いた降雪は、ここ20年ほどでは記憶にない。
大陸から南下した高気圧が、関東から見ると北に位置し、太平洋側にその一部が出たために、南岸低気圧も速度が遅くなり、高気圧から東寄りの北風に乗って寒気が南下した。こうなると、関東南部は大雪になる。しかし、気象庁はそこまでの予報ができていなかったように思う。先週の木曜日、金曜日あたりでも、10〜15cmほどの予報をしていたので、おそらく、こういした気圧配置の気象状況を予想できなかったのだろう。
私が小学4年か5年の冬に3日間、関東南部で雪が降り続いた大雪があった。この時の気圧配置もこのような感じだったと思う。私が、気圧配置というものに興味を持った時期のことなので、もちろん調べないと確かなことは言えないが、東京に大雪を降らせる、普段、目にしない珍しい気圧配置をシミュレートしておかないと、気象庁はまた間違える。

その他のカテゴリー

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f4.5-6.3G ED VR AF-S 50mm f/1.8G AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f2.8 G AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR AF-S Nikkor 14-24mm f2.8G ED AF-S NIKKOR 20mm f1.8G_ AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G AF-S Nikkor 58mm f1.4 G AF-S Nikkor 80-400mm f.4.5-5.6G ED VR AF-S Nikkor 85mm f1.8G AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G AF-S VR Zoom-Nikkor 70-200mm f/2.8G AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED Ai AF Nikkor 28mm 2.8 D Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-5.6D Ai AF Zoom Nikkor 35~70mm F2.8D Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED Ai Nikkor 24mm f2.0S Ai Nikkor 45mm f2.8P AI-S Nikkor 35mm f2.0 Apple iPhone 7 Plus Carl Zeiss Biogon 25mm f2.8 ZM Carl Zeiss C Biogon T* 21mm f4.5 Carl Zeiss Loxia 50mm f2.0 Carl Zeiss Sonnar 55mm F1.8 ZA_ Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm f2.8 ZA Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-35mm f4.0 CONTAX T2 Carl Zeiss Sonnar 38mm f2.8 D3 D4s D800 DP3 Merrill Elmar 3.5cm f3.5 L Elmar 5cm f2.8 L Elmar 5cm f3.5 L Elmar 65mm f3.5 Visoflex Elmarit 28mm f2.8(第3世代前期) Elmarit 90mm f2.8_ GXR + GXR MOUNT A12 GXR+S10 24-72mm F2.5-4.4 VC Hasselblad SWC nonT* Biogon 38mm f4.5 Leica M Monochrome Leica M10 Leica M6 Leica M7 Leica M8.2 Leica M9-P Leica Q Lumix CM1 Lumix GX1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro_ Minolta Autocord 75mm f3.5 Minolta CLE Minolta M-Rokkor 28mm f2.8 NEXUS5 Nikkor 20mm f3.5 Nikkor 28mm f3.5 Nikkor 45mm f2.8 Nikkor 50mm f1.4 Nikon D3 Nikon D4s Nikon D500 Nikon D90 Nikon F2 Nikon F6 Nikon FTN Noctilux 50mm f1.0 第2世代前期 OLYMPUS OM-D E-M1 Panasonic Lumix GX1 RICOH GR SIGMA 24mm f1.4 DG Art SIGMA 35mm f1.4 DG Art SIGMA 50mm f1.4 DG Art SIGMA dp0 Quattro SONY FE 28-70mm f3.5-5.6 OSS SONY FE 85mm f1.4 GM SONY RX100 SONY α7R II SONY α7s Summaron 35mm f3.5 L Summicron 35mm f2 ASPH 第5世代 Summicron 50mm f2.0 第三世代 Summicron M 35mm f2.0 ASPH. Summilux 25mm f1.4 Summilux 50mm f1.4 第一世代後期 Summilux-M 35mm f1.4 ASPH Summilux-M 50mm f1.4 ASPH. Super-Angulon 21mm f3.4 TAMRON SP AF90mm f2.8 Di MACRO TAMRON SP 24-70mm f2.8 Di VC TAMRON SP 35mm f1.8 Di VC USD TAMRON SP 90mm f2.5 MACRO 52BB Voightlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm f4.5 Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5_ Voightlander ULTRON 28mm f2.0 Voigtländer HELIAR classic 75mm f1.8 Voigtländer Color-SKOPAR 35mm f2.5 Voigtländer Heliar 50mm f2.0 L Voigtländer Heliar Vintage Line 50mm f3.5 Voigtländer NOKTON 25mm f 0.95 Voigtländer Super Wide Heliar 15mm f4.5 ASPH ii Voigtländer Ultron 35mm f1.7 ASPH. Voigtländer Nokton Classic 35mm f1.4 SC フィルム マラソンを走る 前十字靭帯再建術・リハビリ 国鉄蒸気 日記 短歌

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31