Posts categorized "Carl Zeiss C Biogon T* 21mm f4.5"

February 14, 2013

写真日乗2013/02/13〜北朝鮮と中国の関係〜

_10044001

撮影:2013/02/13 東京大手町
GXR + GXR MOUNT A12  Carl Zeiss C-Biogon 25mm f2.8 ZM

昨日の昼、北朝鮮は3度目となる地下核実験に実施した。金正恩体制になってから、ミサイル打ち上げ実験に続く、軍事力の誇示である。米国を交渉の場に引きずり出すための、いわゆる瀬戸際外交の一環であるが、この実験でさらなる技術の向上が確認されれば、北朝鮮は実際にミサイルに核弾頭を積む発射の準備をすることになり、米朝関係はますます険悪化する。
今回中国は、再三にわたり、核実験の中止を北朝鮮に働きかけたというが、それも実らず、中国国内には、北朝鮮非難の世論が高まっているようだ。しかし北朝鮮の体制が、米国がイラクやアフガニスタンで見せたような軍事行動によって倒れることを、もちろん中国は望んでいない。中国は、北朝鮮と外交関係のある数少ない国として、ともかく「静かにしていてほしい」と願うのみか。
南北統一の国家が北朝鮮の崩壊によって実現すれば、中国は、米国と同盟関係のある韓国と国境を接する関係となる。先日の米韓合同軍事演習がメディアに公開されたが、米中の緩衝国としての北朝鮮の価値を東アジアの安全保障いう視点でみると、どのように評価できるのであろうか。

February 09, 2013

2013/02 短歌作品「傾く」

南座に声響かせる仁左衛門頬こけ眼の落ち込むすがた

團十郎休演知らせる看板にハエトリグモのしばしとどまる

わたくしが休暇とるたび巡りくる看板役者がこの世を去る日

勘三郎が逝き團十郎が逝くこの冬の哀しみとして語りつぐべし

そのたびに落ち込んでいるわたくしがいて妻のいる静かなる午後

團十郎つとめし慶喜「江戸の地よ、江戸の人よ、さらば」が別れ

世話狂言休むことなくつとめたる菊五郎が声ふるわせる

髪結新三は勘三郎がよし、め組辰五郎は菊五郎がよし、死ぬな菊五郎

外郎売、助六、毛抜、暫を十二代目で観ることはなし

團十郎の名のならびたる歌舞伎座の杮葺落の公演チラシ

高額のチケットすでに売り出され寂しき杮葺落のサイト

L9996903

撮影:2011/5  東京明治座

January 27, 2013

写真日乗2013/01/25〜神田界隈〜

20130125_1004371

撮影:2013/01/25  東京・神田駅前
GXR + GXR MOUNT A12  Carl Zeiss C-Biogon 21mm f4.5 ZM

このところ、通勤には、行きが東京駅、帰りが神田駅を使うことが多い。横浜から、東京へのJRの定期券は、御茶ノ水まで買っているので、秋葉原や御茶ノ水まで歩くこともままある。いつもと違う道には、おもしろいものが溢れているが、毎日、使っている神田駅の場合、写真を撮るということになれば、狙い目がいくつかあって、それを中心に見ていく。撮れるときもあれば、撮れないときもある。それがストリートスナップである。
もう私も55歳、何年も撮り続けることのできない町なので、すこしまじめに撮ってみようかと思っている。やはりモノクロが良さそうな駅である。

January 21, 2013

写真日乗2013/01/18〜連鎖型再開発には参加せず〜

20130118_1004337

撮影:2013/01/18  東京大手町
GXR + GXR MOUNT A12   Carl Zeiss C-Biogon 21mm f4.5 ZM

連鎖型再開発事業をご存知だろうか。普通、自社保有の土地に建てられている本社ビルが古くなれば、その場で建て替える。竣工するまで、一度別の場所に引越し、そこで事業を継続して、竣工した後に再び引越す。その間の労力やコストは馬鹿にならない。そこで編み出されたのが、連鎖型再開発という手法である。これが現在、東京大手町で進行中なのである。
保有している土地や建物は売却することになるが、新しく再開発で生まれたビルに引越し、そこで床を保有する権利を得て円滑に事業を継続できる。 街全体としては、近隣の空いている土地へ建替えを希望する地権者の土地を集約換地し建替え事業を実施し、次に建替えて空いた地権者の土地へ建替えを希望する地権者の土地を集約換地し建替えるという再開発の連鎖をつくりあげ、比較的短期間に街区の整理、高度化ができるというメリットがある。
ドライに考える経営者なら、とても合理的であるが、例えばここ大手町でも産経新聞やこの写真の読売新聞本社ビルは、その連鎖型再開発には参加せず、独自に建て替えを行った。そして、両新聞社本社はまさに隣同士の関係である。
読売本社の建て替えも来年の竣工に向けて急ピッチに工事が進められているが、産経と読売の建て替えは同じメディア同士の意地の張り合いのようにも感じられる。少しでも隣より立派で高層のビルを建てたいがための意地の張り合いか。

January 18, 2013

写真日乗2013/01/17〜まだまだ雪の残る街〜

20130117_1004328

撮影:2013/01/17 東京・大手町
GXR + GXR MOUNT A12 Carl Zeiss C-Biogon 21mm f4.5 ZM

融けては凍り、また融けて凍る日々。まだわが街には、雪がかなり残っている。その中の通勤はまるで、冷凍庫。この道をしばらく行き、大通りを右に渡って、ビルの谷間を往くのがいつもの通勤路であるが、ときどきこの交差点で右に渡ることがある。
工事中のビルの横を往くと、もう仕事に励んでいる人々を見上げることになる。みな技能をもち、それを生業にしている。そうやって生きている人々は、やはり輝いて見える。
同じ通勤の道でも、地下道を往くと、ホームレスが独特の異臭を振りまきながら、ぐるぐると歩き回っている。私はそれが嫌で嫌でたまらない。人一倍、鼻が効くので、たまらないということもあるが、その姿は、再開発の現場で働く人々とは、同じ人間とはとうてい思えない、というのが偽らざる気持ちである。
厳しいようだが、「働かざる者、喰うべからず、生きるべからず」である。

January 13, 2013

写真日乗2013/01/13〜黙阿弥の語りを楽しむ〜

20130113_1004253

撮影:2013/01/13 東京・国立劇場
GXR + GXR MOUNT A12  Carl Zeiss C-Biogon 21mm f4.5 ZM

歌舞伎通いも2年になる今日この頃、国立劇場での通し狂言が一番の楽しみになってきた。もうすぐ、新歌舞伎座のこけら落としを迎え、4月からの3か月間の演目が発表されたが、有名な演目ばかり。
この2年ほど、夢中になって劇場に足を運び、またCATVの衛星劇場を見続け、それでも見られないものはDVDを購入してみてきたが、上演される演目は実に限られていることがわかってきた。新作もみたいものだが、やはり埋もれている傑作を何とかこの時代に復活させてほしい。それを叶えてくれているのが、国立劇場の企画なのであろう。
今日は、河竹黙阿弥の「櫓太鼓鳴音吉原」(やぐらだいこおともよしわら)をもとに再構成された「夢市男伊達競」(ゆめのいちおとこだてくらべ)である。猫と鼠の大立廻りで、初演から評判をとった演目、5世菊五郎が猫を演じたというから、当然、この狂言を復活させるには音羽屋、すなわち菊五郎劇団がうってつけMというわけだ。
猫を演じたのは菊之助だったが、鼠を演じた松緑ともども、若手の成長を確認できた舞台だった。主役の一郎兵衛役の菊五郎も、三役をこなした時蔵も、そして左團次、亀蔵も好演、立派な平成の狂言となった。
因みに、国立劇場で復活狂言を観るときには、台本を購入して、横目で見ながら舞台を観るようにしている。黙阿弥の場合は特に、その語りが文字と肉声を通じて、現代人には届くような気がするのである。

January 11, 2013

写真日乗2013/01/11〜仕事の進め方〜

20130111_1004237

撮影:2013/01/11  東京・大手町
GXR + GXR MOUNT A12 Carl Zeiss C-Biogon 21mm f4.5 ZM

寒い一日だった。陽差しは十分あったし、風も弱かったが、ともかく寒かった。
午前中、ある政府関係の表彰の選考会に出た。私にとって3年目の選考会だったが、昨年、一昨年に比べてレベルが低かった。昨年まで、入賞を果たせなかったところが応募できるのにしなかったということもあった。毎年、実施されている賞だと、そういうことが起きる。「入賞まであと一歩、というところには審査委員のコメントを付して助言するようにしたら、改善につながり、翌年、入賞できるのではないか」という意見が出た。日々、追われるように活動をしているなかで、省察ができないまま1年が経ってしまう。誰かがほんの少し助言することで、ずいぶんと良くなるだろうということは、自らの仕事を考えても、あり得ることだろう。何事も満足してしまったら、もちろん進歩はないのだが、日々追われていると、満足すら感じられなくなる。ひとつの到達点に達することで小さな満足を積み重ねながら、他者の助言で改善していくというのが、仕事のひとつの進め方だろうと思う。

October 11, 2012

写真日乗2012/10/11〜中国代表の欠席、IMF・世銀総会〜

20121008l1111762_2
撮影:2012/10/08  横浜市・鶴見駅
Leica M8.2  Carl Zeiss C Biogon 21mm f4.5 ZM

1997年、タイ・バーツの暴落に端を発したアジア通貨危機により、韓国ウォンも暴落、韓国IMFの管理下に置かれた。韓国政府はIMFより政策面で厳しい統制を受け、国民も耐乏生活を余儀なくされた。その事態は、屈辱的なものだったと、後日、韓国の友人から聞いた。それを横目で見ながら、中国が日本に財政・金融政策の教えを請うたことは、意外と知られていない。
当時、日本銀行の実務者や大学の財政、金融を専門とする学者が長期間、北京に滞在し、金融資本主義的傾向を強める市場の動きへの対応などを中国政府の担当者に指導していた。中国はその時点では、変動相場制に移行してはいなかったが、その後、2005年7月に管理フロート・通貨バスケット制の変動相場制に移行した。穏やかな人民元高を進めながら、過熱気味の国内経済をコントロールし、さらに米国との貿易摩擦を押さえ込みに成功したわけだが、そのための財政・金融政策のかじ取りについて、日本から学んだのである。
もちろんこれは15年前のこと、その当時の担当者がいまどれだけ中国の財政当局や人民銀行内に残っているかは定かではないが、恩義を忘れた隣人に戸惑うばかりである。こうした重要な国際会議に代表者を二国間の問題を理由に欠席することは、中国がいまだに国際的な連携、協調に無頓着であることの証左であろう。
しかし、そのつけは必ずかえってくる。投機的な人民元売り、外資の引き上げにつながれば、経済規模が大きな国ゆえに、中国発の通貨危機が起こらないとも限らない。その時中国は、IMFの管理下に置かれ、13億人民は耐乏生活を余儀なくされる。欧州債務危機がいまだ収まっていないなかで、その可能性は否定できないのだ。
慎重に、ことの推移を見守らなければならない。

October 03, 2012

写真日乗2012/10/02〜鞄とその中身のチャイナフリー化〜

20121001_0013746
撮影:2012/10/02  東京駅丸ノ内仲通り
GXR + GXR MOUNT A12  Voigtländer SUPER WIDE HELIAR 15mm f4.5

私が日々使っている鞄は、アルティザン&アーティスト社のもので、カメラバッグなのだが、もともと化粧品を収めるポーチなどを作っている会社のものだ。もちろん日本の会社の日本製品、ライカ愛用の社長が、ライカを入れやすいバッグをつくろうと長年つくってきた。
他にも、肩掛けのカメラ用ストラップなどもつくっていて、私はちょくちょく購入して使っている。この会社の製品の人気は高く、今使っているBTCAM-7000という鞄も、ネットで販売してあっという間に売り切れてしまった。
その鞄の中身は、通勤途上で使うカメラと万年筆などの筆記用具、仕事関係の資料などだが、中国製が少ない。身につけているものは、メガネとネクタイを除けばほとんど中国製などだが、鞄の中身は日本製、ドイツ製。それに新潟県燕市でつくられた保温タンブラーが加わった。それまで中国製の安いものを使っていたが、それを置き換えた。中国製の倍以上の価格だったが、細身のスタイルは洗練されており、質感も高く、しかも飲みやすい。
今こそ、Buy Japan、それがこの国の成長を促す。

写真日乗2012/10/01〜東京駅復原〜

20121001_0013710
撮影:2012/10/01  東京駅丸ノ内北口
GXR + GXR MOUNT A12   
Voigtländer WIDE HELIAR 15mm f4.5

とうとう、東京駅の復原工事がすべて完了しオープンした。この日は、東京駅をかたどった読書用のしおりが改札付近で配られたり、ステーションギャラリーの当日の整理券などが配られていたが、ともかく多くの報道陣、様々なレンズでドームで撮ろうとうするアマチュアカメラマン、携帯カメラを向ける一般客で、改札を出ても、まともに歩けないほどだった。
この先、日本の顔として、何年もこの姿が残る。31年間、この駅を使って仕事に通った私も感無量、本当に壊さなくてよかった。
今年は鉄道開業140年、明治、大正期につくられた駅のみならず、昭和初期につくられ戦災を免れたものは、ともかく残すべし。地方では、鉄道が使われなくなっているが、壊してしまっては、イベントも何もできなくなる。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f4.5-6.3G ED VR | AF-S 50mm f/1.8G | AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f2.8 G | AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR | AF-S Nikkor 14-24mm f2.8G ED | AF-S NIKKOR 20mm f1.8G_ | AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G | AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G | AF-S Nikkor 58mm f1.4 G | AF-S Nikkor 80-400mm f.4.5-5.6G ED VR | AF-S Nikkor 85mm f1.8G | AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G | AF-S VR Zoom-Nikkor 70-200mm f/2.8G | AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED | Ai AF Nikkor 28mm 2.8 D | Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-5.6D | Ai AF Zoom Nikkor 35~70mm F2.8D | Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED | Ai Nikkor 24mm f2.0S | Ai Nikkor 45mm f2.8P | AI-S Nikkor 35mm f2.0 | Apple iPhone 7 Plus | Carl Zeiss Biogon 25mm f2.8 ZM | Carl Zeiss C Biogon T* 21mm f4.5 | Carl Zeiss Loxia 50mm f2.0 | Carl Zeiss Sonnar 55mm F1.8 ZA_ | Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm f2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-35mm f4.0 | CONTAX T2 Carl Zeiss Sonnar 38mm f2.8 | D3 | D4s | D800 | DP3 Merrill | Elmar 3.5cm f3.5 L | Elmar 5cm f2.8 L | Elmar 5cm f3.5 L | Elmar 65mm f3.5 Visoflex | Elmarit 28mm f2.8(第3世代前期) | Elmarit 90mm f2.8_ | GXR + GXR MOUNT A12 | GXR+S10 24-72mm F2.5-4.4 VC | Hasselblad SWC nonT* Biogon 38mm f4.5 | Leica M Monochrome | Leica M10 | Leica M6 | Leica M7 | Leica M8.2 | Leica M9-P | Leica Q | Lumix CM1 | Lumix GX1 | M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro_ | Minolta Autocord 75mm f3.5 | Minolta CLE | Minolta M-Rokkor 28mm f2.8 | NEXUS5 | Nikkor 20mm f3.5 | Nikkor 28mm f3.5 | Nikkor 45mm f2.8 | Nikkor 50mm f1.4 | Nikon D3 | Nikon D4s | Nikon D500 | Nikon D90 | Nikon F2 | Nikon F6 | Nikon FTN | Noctilux 50mm f1.0 第2世代前期 | OLYMPUS OM-D E-M1 | Panasonic Lumix GX1 | RICOH GR | SIGMA 24mm f1.4 DG Art | SIGMA 35mm f1.4 DG Art | SIGMA 50mm f1.4 DG Art | SIGMA dp0 Quattro | SONY FE 28-70mm f3.5-5.6 OSS | SONY FE 85mm f1.4 GM | SONY RX100 | SONY α7R II | SONY α7s | Summaron 35mm f3.5 L | Summicron 35mm f2 ASPH 第5世代 | Summicron 50mm f2.0 第三世代 | Summicron M 35mm f2.0 ASPH. | Summilux 25mm f1.4 | Summilux 50mm f1.4 第一世代後期 | Summilux-M 35mm f1.4 ASPH | Summilux-M 50mm f1.4 ASPH. | Super-Angulon 21mm f3.4 | TAMRON SP AF90mm f2.8 Di MACRO | TAMRON SP 24-70mm f2.8 Di VC | TAMRON SP 35mm f1.8 Di VC USD | TAMRON SP 90mm f2.5 MACRO 52BB | Voightlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 | Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm f4.5 | Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5_ | Voightlander ULTRON 28mm f2.0 | Voigtländer HELIAR classic 75mm f1.8 | Voigtländer Color-SKOPAR 35mm f2.5 | Voigtländer Heliar 50mm f2.0 L | Voigtländer Heliar Vintage Line 50mm f3.5 | Voigtländer NOKTON 25mm f 0.95 | Voigtländer Super Wide Heliar 15mm f4.5 ASPH ii | Voigtländer Ultron 35mm f1.7 ASPH. | Voigtländer Nokton Classic 35mm f1.4 SC | フィルム | マラソンを走る | 前十字靭帯再建術・リハビリ | 国鉄蒸気 | 日記 | 短歌

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ
July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31