Posts categorized "フィルム"

February 06, 2015

写真日乗2015/02/03〜鉄道写真の工夫〜

20100327img303

撮影:1975/02  石北本線・常紋峠
Nikon F2 Nikkor 28mm f3.5 Tri-X 400

昨日の記事で載せた写真の翌年の冬、1975年2月のものである。国鉄蒸気を追った撮影行、その最後の渡道で撮影した。昨日の写真と峠を挟んで反対側のポイントだが、常紋トンネルという、全国からかき集められた者を半ば強制的に働かせ完成させたトンネルの上から撮った。ここに集められた者のなかには、囚人もいたらしい。そこで亡くなった者の遺骸が人柱で埋め込まれているという、曰く付のトンネルである。
当時は、客扱いもしていた常紋信号所から歩いてポイントまで行った。トンネル内の歩行も信号所の職員に言っておけば、「気をつけろよ」の一言で許可が得られた。この日は独りだったので、怖くてトンネル上の山越えをし、この先のポイントに向かったのだが、思いのほか時間がかかり、今まで一度も撮ったことのないトンネル上からのアングルとなった。
レンズには、たまたまついていたニッコールの28mmをそのまま使い手持ちだったと思う。ピントは当時の鉄道写真の掟である置きピン、左右の葉を落とした木々にあわせたようだ。この写真は明るめにレタッチをし仕上げているが、かなり薄暗かったと記憶している。気温は比較的暖かく、ガスがかかっている。
準備の途中で汽笛が聞こえ、慌てて構えたが、消失点のある真中に、蒸気牽引の貨物列車が現われた。もちろんそこにはピントは合っていないわけだが、F2の優れたファインダーで見ていて幻想的に感じたのか、貴重なフィルムをこのカットに使った。もちろん蒸気機関車にピントの来ている画もあるのだが、この写真こそ、当時の私の流儀に合った画だと、いま見ても思う。
手持ちで光学ファインダーを凝視することで得られたカットだが、瞬時に判断をし工夫するところが鉄道写真の面白さだろう。

写真日乗2015/02/02〜二つの幸運〜

2014112422682079438494449

撮影:1974/03  石北本線・常紋峠
Nikon F2 Nikkor 50mm f1.4 Tri-X 400

この時期になると必ず思い出すのは、渡道、すなわち北海道に渡り、国鉄が最後まで営業運転で動かしていた蒸気機関車を撮影に行った頃のことである。今でも、JRだけではなく大井川鉄道や真岡鉄道が、動態保存している蒸気機関車を使って、観光列車の運行をしているが、当時は日常の鉄道輸送を担う存在として、非電化区間のローカル列車や貨物列車を牽引していたのが蒸気機関車であった。それも1970年代に入ると急速にディーゼル機関車に置き換わりつつあり、まさに風前の灯火を撮りに行くような気分での撮影行だった。
国鉄蒸気の終焉は、この写真を撮ったちょうど二年後のことであるが、全般検査というすべての機器を取り外し、仔細に調べる検査、略して「全検」の時期を迎えた蒸気機関車から、順次、廃車となり、新造のディーゼル機関車に置き換わっていった。この写真にも、その様子が見て取れる。先頭で牽引している機関車は誰でも知っているデゴイチ、すなわちD51であるが、峠越えのために後部に連結されている補機(補助機関車)は、DE10という型式のディーゼル機関車で、大正時代につくられた9600型という蒸気機関車を置き換えるために配属されたものである。
この一年前までは、補機も蒸気機関車であり、二条の煙が蒸気撮影の醍醐味を味わせてくれたのだが、それもないものねだりである。しかし、国鉄蒸気終焉の現場にこうして立ち会えたのだから、幸運であったと言わねばなるまい。
写真はいまやデジタルの時代であるが、気温の低い厳寒期の北海道で、こうした写真をものにするのは、バッテリィ等電気系統の問題で難しいかもしれない。当時は、機械式のカメラであり、寒さで撮影ができなかったという経験はほとんどなかった。撮った写真も、ネガフィルムがカビだらけでも、デジタル・スキャニング、画像ソフトでのレタッチを経てこうして蘇るのだから、これも幸運だといえよう。

December 11, 2012

写真日乗2012/12/10〜安倍総理誕生間近〜

20120904fh000004

撮影:2012/12/09 横浜市鶴見
LEICA M7 Summulux 50mm f1.4 第一世代後期  Kodak Portra 160

まさに安倍政権樹立前夜である。しかし、安倍氏でほんとうに大丈夫だろうか。いくら新薬ができたとしても、病は本当に再発しないのか。北朝鮮のミサイル発射が予定されていて野田総理は、東京から離れられないでいる。安倍氏は精力的に、北から南まで遊説に勤しむ。それによって病は過去のものという印象を有権者に植え付ける戦略か。
安倍氏は典型的な世襲候補である。その甘さは、日曜日のテレビ番組における、消費税率引き上げを巡る優柔不断な態度でも明らかになった。税・社会保障制度改革の三党合意をしたときの総裁は安倍氏である。それに向けて経済を盤石にすることに、三党の代表、総裁は責任を負っているのだ。そのことを分からないのなら、任せきれない。総理になって、「経済成長は私の責任ではない。外交安全保障に注力したい」とでもいいそうな安倍総裁、それでは困るのは国民である。

December 10, 2012

写真日乗2012/12/09〜街頭演説〜

20121205fh000034

撮影:2012/12/05  横浜中華街
Nikon F6 AF-S NIKKOR 28mm f1.8G

土曜日のこと、政令指定都市の隣町に買い物に行った。駅頭はそれこそ、激戦地である。ティッシュペーパー配りの激戦地でもあるのだが、この日は衆議院選挙期間中唯一の週末に、多くの有権者に訴えている候補者たちの姿である。
全くなにを言っているのか分からない、怒鳴りあいである。自分、あるいは自分の所属する政党がなにを目指しているのかを訴えるのではなく、争っている他の候補者、あるはその候補者の所属する政党の問題点を指摘するネガティブキャンペーンに終始している。どこかの国の大統領選挙のようでもあるが、たくさん候補者がいすぎて、誰が誰を批判しているのかも分からなくなる。
それで有権者から選ばれるとでも思っているのであろうか。まあ、中身のない有象無象の候補者たちである。

December 09, 2012

写真日乗2012/12/08〜占いはお好き?〜

20121205fh000035

撮影:2012/12/05  横浜・中華街
Nikon F6   AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G  FUJI Pro400H

何年か前から、中華街には占いをする店が増えた。最初は1,500〜2,000円くらい取っていたが、今は千円前後が相場だ。何を占ってほしいのか、日本人が千客万来という時代もあった。それがいまや、閑古鳥が鳴いている。
中国人による中国流の占いなのだが、ここで占いをしている者たちはどのような在留資格で入ってきているのだろう。中華料理の料理人は、職業資格証明書を中国で得てくると、技能者の在留資格で入れる。しかし、この資格は、かなりいい加減に出されていると聞く。偽造も多いことだろう。、それは、容易に想像できる。
したがって、ここにいる占い師も、そうした他の容易にとれる資格で入国しているのではないか。あまり裏を取っている話ではないが、それはレンズを向けると分かる。手で顔を隠す者が大半だからだ。合法的に在留資格を取っている者は、そもそも顔を隠さない。実際、この女性もレリーズのあと、チラシで自分の顔を覆った。

写真日乗2012/12/07〜勘三郎さん追悼番組〜

20121205fh000030

撮影:2012/12/05  横浜・中華街
Nikon F6  AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G FUJI Pro400H

金曜日の夜あたりから、早くも追悼番組が目白押しである。フジテレビには、勘三郎さんに単独で密着し撮った映像があった。食道癌自体はステージ1だったが、すでに癌はリンパ節に転移していたということも、本人の口から話されていた。そして、覚悟も...。
入院の前日のゴルフコンペの模様も撮られていたが、橋之助や江川卓たちが参加、本人は全力でプレーし、プロを除くと一番の成績だったという。このコンペに参加した者たちの顔も撮されていたが、やはり表情が暗い。本人から、尋常ならざる病状であることを知らされていた面々が集まったのだろう。
日本では歌舞伎役者は、公人である。総理大臣のように、1年ほどでどんどん代わる種類の公人とは違う。初舞台から死ぬまで追われる公人である。公人は、公人らしい振る舞いが必要であるが、映像に写し出された厳しいが冷静な顔つきも公人ならではのもとというべきか。

October 10, 2012

写真日乗2012/10/10〜市民ランナーがノーベル賞受賞〜

20120929fh000001

撮影:2012/09/28  東京駅丸ノ内北口
CONTAX T2  Carl Zeiss Sonnar 38mm f2.8  AGFA vista plus 400

・・・と書けば、少し語弊があるが、iPS細胞の開発でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥氏は、市民マラソンを完走している。2年前の夏、私が所属する組織のサマーセミナーに来ていただいた時も、朝方、走っておられたから、昨日今日はじめたものではない。
私が26年前にマラソンを始めたころは、変わり者と思われていた。仕事に忙しい世代の妻子持ちがマラソンに取り組むなど、常人は想像すらできなかったのだろう。しかしいまや、市民ランナーは文字通り、市民権を得た。走ることの意義など横に置いて、ともかく走り始め、楽しみながら徐々に距離を伸ばして念願のフルマラソンに挑戦、めでたく完走するのである。
人生観が変わるなどと大げさなことを言う人もいるが、人間はそもそも生理的に動くこと求められている動物である。デスクワークの多い者にとってマラソンは、その生理的な欲求を満たすものにすぎないのだ。忙しいなかで練習を積むことは確かに危険もあるが、世の多くの人々のように、ただただ食べては飲んで運動をしない人より、体調の維持は容易である。
ノーベル賞は誰もがとれるものではないが、フルマラソンは誰でも完走できる。少しの計画性と忍耐力があれば。

September 22, 2012

写真日乗2012/09/21〜恐竜のようなる国〜

20120916fh000024
撮影:2012/09/09   横浜市・鶴見
Leica M7  Voigtländer NOKTON Classic 35mm f1.4 SC  

ロンドンオリンピックが、大昔のことのように思える今日この頃である。自由主義圏で行われたオリンピックで、「Freedom」という文字がことさら大きく映し出されたのは、最も多くのメダルを獲得した中国人民と国家指導者へのメッセージだったというわけか。
中国国内の書店から、日本関係の書籍が消えているという。中国系のサイトでは、デモ、抗日、反日は検索しても表示されないという。
表現の自由を規制するのは共産主義の十八番ではあるが、反日デモを煽り、そして抑え、その後、村上春樹の「1Q84」の店頭販売を禁止する国の有り様を目の当たりにすると、自由の重さを実感する。体制を守るためには、兎にも角にも、自国民を自由に操る巧妙さが指導部に必要なのだ。多言は要すまい。彼の国が地球上最後の恐竜のように見えてきた。

September 16, 2012

写真日乗2012/09/16~次の政権へのメッセージとして〜

20120916fh000034
撮影:2012/09/15  横浜市鶴見
Leica M7  Voigtländer NOKTON Classic 35mm f1.4 SC

襲撃され略奪を受けた商店や飲食店の中国人経営者はさぞかし悔しい思いをしているだろう。また、日系企業といっても、マネージメントは中国人が担っている。
これが世界でGDP第二位という経済大国の市民のレベルだ。日本の10倍の人口を要して実現した世界第二位は、はからずも日本の10倍の犯罪者が昼夜、市内を暴れ回っていることを世界に示してしまった。
在外公館を守らなければ行けないという最低の義務すら果たそうとしない中国政府にも批判が集まろうが、世界で仕事をし学ぶ中国籍の人々は、明日以降、どんな顔をすればよいのだろう。明日は幸い、日本は休みだが、中国語は控えた方が良いかもしれぬ。日本の若者の鬱積も相当のレベルにある。しかし、「愛国無罪」は、彼の国以外では認められない。日本人で中国人が暴行されれば、日本の警察は日本人を逮捕する。それが法に基づく統治だ。
中国に進出している世界の企業は早速、中国からの撤退を検討しはじめるだろう。その結果、膨大な数の失業者が各地にあふれ出す。中国政府は、ふたたび日本のせいにし、暴動が起きるだろうが、それで問題は解決せず、体制の崩壊に向かうのではないか。そのシナリオを踏まえた対中戦略は、官民挙げて練り上げておくべし。無策の現政権ではなく、次の政権へのメッセージとして強調しておきたい。

September 10, 2012

写真日乗2012/09/10~ディプロマの価値~

20120909fh000007
撮影:2012/08/13 横浜市・JR鶴見駅
Leica M6  Summaron 35mm f3.5 Kodak BW400CN

例えば、世界の大都市の一つにある、ライカのディプロマを取得している技術者のいる修理店、とでもしようか。ライカのボディ、レンズの修理を受け付けるだけではなく、店で修理したものも売っている。信頼に値される店だと思った。
15年ほど前に、M3を買い、SSの不調で捨て値で手放したことがあった。だから、次は信頼できる店で買いたかった。3年前にディプロマ取得氏のいる、その店で23万円で買ったM3だったが、なぜか、なかなか良い写真が撮れない。「完全に整備されたものだよ。100年は使える」と言われたが、最初からうまく撮れない。けれども、「調子が悪い」とは持っていけなかった。
うまく撮れないと当然、使わなくなる。防湿庫の奥で眠っていた。というより、放置されていた。それをやはり、世界の大都市の一つの中古の買い取りをする店に持っていった。買い値は、たったの1万5千円だった。「どこで整備されたかは、関係ありません。いまの状態で値を付けました」という。
縁のないものは、そのような結果となる。二台目のM3もダメだった。しかし、この写真、たぶんディプロマ取得氏からすれば、どうしようもない状態のM6だが、自分の好みの写真が次々にものにできる。ノクチだろうが、ズマロンだろうが、上手い具合に画にしてくれる。大事にしたい。
教訓は、「技術者を頭から信じ込んではいけない」だ。

その他のカテゴリー

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f4.5-6.3G ED VR | AF-S 50mm f/1.8G | AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f2.8 G | AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR | AF-S Nikkor 14-24mm f2.8G ED | AF-S NIKKOR 20mm f1.8G_ | AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G | AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G | AF-S Nikkor 58mm f1.4 G | AF-S Nikkor 80-400mm f.4.5-5.6G ED VR | AF-S Nikkor 85mm f1.8G | AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G | AF-S VR Zoom-Nikkor 70-200mm f/2.8G | AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED | Ai AF Nikkor 28mm 2.8 D | Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-5.6D | Ai AF Zoom Nikkor 35~70mm F2.8D | Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED | Ai Nikkor 24mm f2.0S | Ai Nikkor 45mm f2.8P | AI-S Nikkor 35mm f2.0 | Apple iPhone 7 Plus | Carl Zeiss Biogon 25mm f2.8 ZM | Carl Zeiss C Biogon T* 21mm f4.5 | Carl Zeiss Loxia 50mm f2.0 | Carl Zeiss Sonnar 55mm F1.8 ZA_ | Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm f2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-35mm f4.0 | CONTAX T2 Carl Zeiss Sonnar 38mm f2.8 | D3 | D4s | D800 | DP3 Merrill | Elmar 3.5cm f3.5 L | Elmar 5cm f2.8 L | Elmar 5cm f3.5 L | Elmar 65mm f3.5 Visoflex | Elmarit 28mm f2.8(第3世代前期) | Elmarit 90mm f2.8_ | GXR + GXR MOUNT A12 | GXR+S10 24-72mm F2.5-4.4 VC | Hasselblad SWC nonT* Biogon 38mm f4.5 | Leica M Monochrome | Leica M10 | Leica M6 | Leica M7 | Leica M8.2 | Leica M9-P | Leica Q | Lumix CM1 | Lumix GX1 | M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro_ | Minolta Autocord 75mm f3.5 | Minolta CLE | Minolta M-Rokkor 28mm f2.8 | NEXUS5 | Nikkor 20mm f3.5 | Nikkor 28mm f3.5 | Nikkor 45mm f2.8 | Nikkor 50mm f1.4 | Nikon D3 | Nikon D4s | Nikon D500 | Nikon D90 | Nikon F2 | Nikon F6 | Nikon FTN | Noctilux 50mm f1.0 第2世代前期 | OLYMPUS OM-D E-M1 | Panasonic Lumix GX1 | RICOH GR | SIGMA 24mm f1.4 DG Art | SIGMA 35mm f1.4 DG Art | SIGMA 50mm f1.4 DG Art | SIGMA dp0 Quattro | SONY FE 28-70mm f3.5-5.6 OSS | SONY FE 85mm f1.4 GM | SONY RX100 | SONY α7R II | SONY α7s | Summaron 35mm f3.5 L | Summicron 35mm f2 ASPH 第5世代 | Summicron 50mm f2.0 第三世代 | Summicron M 35mm f2.0 ASPH. | Summilux 25mm f1.4 | Summilux 50mm f1.4 第一世代後期 | Summilux-M 35mm f1.4 ASPH | Summilux-M 50mm f1.4 ASPH. | Super-Angulon 21mm f3.4 | TAMRON SP AF90mm f2.8 Di MACRO | TAMRON SP 24-70mm f2.8 Di VC | TAMRON SP 35mm f1.8 Di VC USD | TAMRON SP 90mm f2.5 MACRO 52BB | Voightlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 | Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm f4.5 | Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5_ | Voightlander ULTRON 28mm f2.0 | Voigtländer HELIAR classic 75mm f1.8 | Voigtländer Color-SKOPAR 35mm f2.5 | Voigtländer Heliar 50mm f2.0 L | Voigtländer Heliar Vintage Line 50mm f3.5 | Voigtländer NOKTON 25mm f 0.95 | Voigtländer Super Wide Heliar 15mm f4.5 ASPH ii | Voigtländer Ultron 35mm f1.7 ASPH. | Voigtländer Nokton Classic 35mm f1.4 SC | フィルム | マラソンを走る | 前十字靭帯再建術・リハビリ | 国鉄蒸気 | 日記 | 短歌

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ
August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31