Posts categorized "CONTAX T2 Carl Zeiss Sonnar 38mm f2.8"

August 22, 2014

写真日乗2014/08/20〜夏のランニングにおける工夫~

_dsc0508

撮影:2014/08/20 東京・汐留
SONY α7s Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm f2.8 ZA

既に夏休みを終えて、業務再開となったが、この暑さの中での外回りは誠につらい。
ランニングの夏の強化は、強化月刊(8月一杯)はまだ終わっていないが、強化週間(8日からの12日間)は昨日で終え、今日から今週の土曜日までの4日間は、コンディショニング中心の休養に入った。
トレーニングはただがむしゃらにやればよいというものではなく、トレーニングと休養をうまく組み合わせ、それに食事の工夫を凝らしていくことが大切であるが、特に夏のトレーニングを行っている際は、相当意識してそれらを考えないと、いわゆる慢性疲労に陥り、走るどころか日常生活に支障をきたす事態に陥る。
とりあえず今週は、マッサージと鍼治療を受け、栄養のあるものを採って早く寝て早く起き、庭の水撒きがてらストレッチなどをしっかりと行うことを心がけたい。
いくら暑いといっても、気圧配置から、秋の気配も感じられる。涼風が吹く頃にリフレッシュをし、いまより長い距離が走れるように準備しておくことが肝要である。



October 10, 2012

写真日乗2012/10/10〜市民ランナーがノーベル賞受賞〜

20120929fh000001

撮影:2012/09/28  東京駅丸ノ内北口
CONTAX T2  Carl Zeiss Sonnar 38mm f2.8  AGFA vista plus 400

・・・と書けば、少し語弊があるが、iPS細胞の開発でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥氏は、市民マラソンを完走している。2年前の夏、私が所属する組織のサマーセミナーに来ていただいた時も、朝方、走っておられたから、昨日今日はじめたものではない。
私が26年前にマラソンを始めたころは、変わり者と思われていた。仕事に忙しい世代の妻子持ちがマラソンに取り組むなど、常人は想像すらできなかったのだろう。しかしいまや、市民ランナーは文字通り、市民権を得た。走ることの意義など横に置いて、ともかく走り始め、楽しみながら徐々に距離を伸ばして念願のフルマラソンに挑戦、めでたく完走するのである。
人生観が変わるなどと大げさなことを言う人もいるが、人間はそもそも生理的に動くこと求められている動物である。デスクワークの多い者にとってマラソンは、その生理的な欲求を満たすものにすぎないのだ。忙しいなかで練習を積むことは確かに危険もあるが、世の多くの人々のように、ただただ食べては飲んで運動をしない人より、体調の維持は容易である。
ノーベル賞は誰もがとれるものではないが、フルマラソンは誰でも完走できる。少しの計画性と忍耐力があれば。

October 12, 2011

パワースポット

Fh000032_2

いつからか神社の価値は、パワーがあるかないかで決まるようになった。ここ神田神社(通称:神田明神)は、行くたびに、若い女性の姿が目立つようになっている。祈っているのは、好きな人と結ばれること、入りたい会社の内定が取れることなどだろうが、神社に赴かなくても、悲願は強い意志で実現されるもの。しかし、様々な犠牲のうえで、実現することだけはお忘れなく。あれもこれもでは、神様は、逃げていく。

CONTAX T2 Sonnar 38mm f2.8 FUJI Pro400

September 14, 2011

若き者たち

Fh0000362_2

この時期は珍しいが、私が30年来勤務しているこの街では、本社などでの研修で大挙して集まってくる若き企業人をよく目にする。普通は4月だが、今年は大震災が3月にあり、その後、電力不足・節電と、企業のカレンダーも通常通りでなかったのだろうか。いまこうして、将来を担ってもらわなければならない企業人が来ているわけだが、なんとなくこの街にフィットしていない。この街の同化するくらいでないと、一人前の企業人とはいえないのだが、それまで相当の時間がかかりそうな雰囲気だ。東京・大手町。

CONTAX T2 Carl Zeiss Sonnar 38mm f2.8
Fuji Pro400H

September 10, 2011

自転車通勤

Fh0000252

最近、東京の都心でも自転車通勤の人たちをよく見かける。自転車といっても千差万別、ツーリングのできるタイプなら、かなり遠方から通勤できるかもしれないが、いわゆる普通のちょい乗り用の自転車で、どこから通ってきているのだろう。おそらく東京の臨海部、中央区、港区、江東区あたりだろう。地震発生時に自転車通勤者は帰宅困難者にならないが、自宅の安全は、地震のタイプにもよるが臨海部で確保されるであろうか。そう考えると、購入ではなく、賃貸で職住近接のマンションタイプを借りるのがベストだろう。まあ、究極は、フーテンの寅さんだ。カバンひとつの人生は、すっきりし、しかも一番安全なのかもしれぬ。東京・大手町にて。

CONTAX T2 Carl Zeiss Sonnar 38mm f2.8
Fuji Pro400H プログラムAE

その他のカテゴリー

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f4.5-6.3G ED VR | AF-S 50mm f/1.8G | AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f2.8 G | AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR | AF-S Nikkor 14-24mm f2.8G ED | AF-S NIKKOR 20mm f1.8G_ | AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G | AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G | AF-S Nikkor 58mm f1.4 G | AF-S Nikkor 80-400mm f.4.5-5.6G ED VR | AF-S Nikkor 85mm f1.8G | AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G | AF-S VR Zoom-Nikkor 70-200mm f/2.8G | AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED | Ai AF Nikkor 28mm 2.8 D | Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-5.6D | Ai AF Zoom Nikkor 35~70mm F2.8D | Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED | Ai Nikkor 24mm f2.0S | Ai Nikkor 45mm f2.8P | AI-S Nikkor 35mm f2.0 | Apple iPhone 7 Plus | Carl Zeiss Biogon 25mm f2.8 ZM | Carl Zeiss C Biogon T* 21mm f4.5 | Carl Zeiss Loxia 50mm f2.0 | Carl Zeiss Sonnar 55mm F1.8 ZA_ | Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm f2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-35mm f4.0 | CONTAX T2 Carl Zeiss Sonnar 38mm f2.8 | D3 | D4s | D800 | DP3 Merrill | Elmar 3.5cm f3.5 L | Elmar 5cm f2.8 L | Elmar 5cm f3.5 L | Elmar 65mm f3.5 Visoflex | Elmarit 28mm f2.8(第3世代前期) | Elmarit 90mm f2.8_ | GXR + GXR MOUNT A12 | GXR+S10 24-72mm F2.5-4.4 VC | Hasselblad SWC nonT* Biogon 38mm f4.5 | Leica M Monochrome | Leica M10 | Leica M6 | Leica M7 | Leica M8.2 | Leica M9-P | Leica Q | Lumix CM1 | Lumix GX1 | M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro_ | Minolta Autocord 75mm f3.5 | Minolta CLE | Minolta M-Rokkor 28mm f2.8 | NEXUS5 | Nikkor 20mm f3.5 | Nikkor 28mm f3.5 | Nikkor 45mm f2.8 | Nikkor 50mm f1.4 | Nikon D3 | Nikon D4s | Nikon D500 | Nikon D90 | Nikon F2 | Nikon F6 | Nikon FTN | Noctilux 50mm f1.0 第2世代前期 | OLYMPUS OM-D E-M1 | Panasonic Lumix GX1 | RICOH GR | SIGMA 24mm f1.4 DG Art | SIGMA 35mm f1.4 DG Art | SIGMA 50mm f1.4 DG Art | SIGMA dp0 Quattro | SONY FE 28-70mm f3.5-5.6 OSS | SONY FE 85mm f1.4 GM | SONY RX100 | SONY α7R II | SONY α7s | Summaron 35mm f3.5 L | Summicron 35mm f2 ASPH 第5世代 | Summicron 50mm f2.0 第三世代 | Summicron M 35mm f2.0 ASPH. | Summilux 25mm f1.4 | Summilux 50mm f1.4 第一世代後期 | Summilux-M 35mm f1.4 ASPH | Summilux-M 50mm f1.4 ASPH. | Super-Angulon 21mm f3.4 | TAMRON SP AF90mm f2.8 Di MACRO | TAMRON SP 24-70mm f2.8 Di VC | TAMRON SP 35mm f1.8 Di VC USD | TAMRON SP 90mm f2.5 MACRO 52BB | Voightlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 | Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm f4.5 | Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5_ | Voightlander ULTRON 28mm f2.0 | Voigtländer HELIAR classic 75mm f1.8 | Voigtländer Color-SKOPAR 35mm f2.5 | Voigtländer Heliar 50mm f2.0 L | Voigtländer Heliar Vintage Line 50mm f3.5 | Voigtländer NOKTON 25mm f 0.95 | Voigtländer Super Wide Heliar 15mm f4.5 ASPH ii | Voigtländer Ultron 35mm f1.7 ASPH. | Voigtländer Nokton Classic 35mm f1.4 SC | フィルム | マラソンを走る | 前十字靭帯再建術・リハビリ | 国鉄蒸気 | 日記 | 短歌

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ
July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31