カテゴリー「Elmarit 28mm f2.8(第3世代前期)」の記事

November 24, 2014

写真日乗2014/11/22〜世界糖尿病デーのこと〜

20141121_dsc3235

撮影:2014/11/21 ミューザ川崎
SONY α7s Elmarit 28mm f2.8 3rd

ちょっと前のことなのであるが、今月14日は、国連が定めた「世界糖尿病デー」だった。そのポスターが、山手線の車両に昨日まで貼られていたという。また14日の夜は、ブルーのライトアップが全国でなされたようだ。私はその両者を見逃してしまったが、私はいま、膝の前十字靱帯再建手術を受けるために血糖値を下げ安定化させる取り組みに勤しんでいる。まさに他人事ではないのである。
日本人は炭水化物を大目に食べて必要なカロリーを確保する民族であるが、肉食の欧米人とは異なり膵臓が小さいといわれている。ゆえにインシュリンの量が少ないのだが、多量の炭水化物を取ることで膵臓に負担が加わり、それが繰り返されることで糖尿病になる。まさに、日本人の食生活からくる病であるといえるのだが、意外と認知度が低いのは、膵臓自体が悪くなるのではなく、糖のこびりついた赤血球が血管をダメにすることで、目や心臓、脳、そして手足の末端を破壊する病だからだろうか。
「あなたの目は悪い」といわれても、誰しもそれが糖尿病の合併症だとは、説明を受けるまでわからない。「目を手術すれば治るのか」と聞き返してしまうのが普通だろう。網膜が糖により損傷を受け起こるのが糖尿病網膜症であるが、これも毎年、健康診断を受けていれば、見逃されることは決してないのである。
かくいう私も、40代から50代前半にかけての7,8年、忙しさから健康診断を受けないでいた。ある年、人間ドックを受けようと決意して出向いたクリニックで、かなり重傷の糖尿病と診断されたのである。目も心臓も脳も足先も悪くはなっていなかったのは不幸中の幸いであったが、以来、意識はし続けてきている。
しかし、日常、仕事をし、しかもマラソンなどに取り組んでいると、食生活を完璧にコントロールすることはできない。そのなかで折り合えるメソッドを何とか見つけたいと思いつつ、砂糖を使ったものをとりあえず避け、ライ麦パンや玄米飯を主食にして暮らしている、今日この頃である。

写真日乗2014/11/21〜年に一度は欧州のオケを聴くべし〜

20141121_dsc3247

撮影:2014/11/21 ミューザ川崎
SONY α7s  Elmarit 28mm f2.8 3rd

昨年はミューザ川崎で、ウィーンフィル、アムステルダムコンセルトヘボウ、ベルリンフィルの来日公演を5日の間に聴くという、私の人生でもあり得ない経験をした。4階センターの全く同じ席で聴けたので、楽曲は異なるが、各オケの音色、指揮者の音の引きだし方の違いなどがよくわかり、とても勉強になった。
今年、ミューザ川崎には、昨年のような大イベントはなく、欧州のオケといえば今月、今日のヤンソンス指揮、バイエルン放送交響楽団の演奏会がぽつんと入っているだけ。12月も佐渡裕指揮のケルン放送交響楽団の第九だけなので、いわば裏年のような雰囲気の寂しさである。
「とりあえず、チケットを」と思って、5月にぴあで先行抽選のA席を申し込み、その結果に気づかないまま、先週、「チケットの発券がまだ」だというメールが来て慌てた。ネットで買うと、こうしたウォーニングがあるので、行くのを忘れてしまうことはないということが実感できた。
ほぼ1年ぶりの欧州オケの演奏会だが、今日は、もはや巨匠の域に達したマリス・ヤンソンスの指揮に、ピアノのクリスチャン・ツィメルマンが加わり、ブラームスのピアノ協奏曲第1番が前半。休憩を挟んで後半は、ムソルグスキー(ラヴェル編)の組曲「展覧会の絵」が演奏された。
前半が50分強、後半が40分弱だから、前半がメインディッシュのようなものなのであろうか。ブラームスが交響曲として構想を練ったというこの曲のスケールは、ともかく大きく、特に第一楽章は、ピアノ付き交響曲といった趣である。ツィメルマンをライブで聴くのは初めてだが、とても大きく純度の高い音をホールに響かせる。今月は8日に、ショパンコンクールの覇者、ユリアンナ・アヴデーエワのソロコンサートを聴いているのだが、まるで別の楽器のように思えるほど、違う。もちろん、20代の女流ピアニストと比べてはいけないのだが、演奏家として「大人と子供」くらいの違いを感じた。
この曲の聴きどころはやはり第二楽章のアダージオであろう。第一楽章の強烈なコーダから一転して、弦楽と木管が奏でる旋律は美しいが、これはやはり欧州のオケならではのアンサンブルが際立つ。この旋律も、明らかに交響曲の構成でもあり得るものだと思う。その直後、ツィメルマンのピアノが入ってくるが、クララ・シューマンを慰めるための楽曲として、彼ならではの叙情性が際立っている。続く三楽章冒頭のバロック的な旋律も、ツィメルマンが弾くとロマン的な雰囲気が増してくる。手元にある、バーンスタイン・ニューヨークフィルの演奏会に客演した若きグレン・グールドなどとはもちろん異なり、ヤンソンスもツィメルマンも中庸なテンポでオーソドックスにまとめたと感じた。
後半の「展覧会の絵」は、随所にヤンソンスの工夫が凝らされた秀演で楽しめた。ドイツのオケがラベル編曲のロシア人作曲家の楽曲を演奏すると、バランスがうまくとれるのだろうか。ヴァントが指揮した北ドイツ放送交響楽団のディスクと同じよう音楽的な完成度を感じた次第。
因みに今日確保した席はA席で、いつもと異なる3階RBの席だったが、ここも良い音が聴けるポジションである。

November 14, 2014

写真日乗2014/11/13〜財政再建は国際公約〜

20141113l1009121

撮影:2014/11/13 東京・有楽町駅前
Leica m Monochrome Elmarit 28mm f2.8 3rd

麻生副総理・財務大臣は、10月17日の衆院財務金融委員会において、消費税率の10%への引き上げについて、「国際的にはよほど大きい約束と思っている」との認識を示している。政府は、名目国内総生産(GDP)比でみた国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の赤字を、2015年度までに2010年度から半減する目標を掲げているが、この記事を掲載した日本経済新聞は、「世界に向かって(自民、公明、民主の)3党で合意した結論といっている」と強調した麻生大臣の言葉を引きつつ、同じく麻生大臣の「目標達成はものすごく厳しくなる」という言葉も引用し記事を締めくくっている。
公約は一般的に、国内の有権者に発せられる言葉であるが、2008年のリーマンショック以降、一国の財政悪化が世界の金融市場に及ぼす影響がますます大きくなっているために、国・地方を通じてGDPの2倍近くに及んでいる日本の公的債務の削減が、国際金融の枠組みの中で、ぜひとも達成されなければならない重要な課題だということが、世界に周知されている。
その半減のために三党合意で実施に移されている消費税率の引き上げなのであるが、これはあくまでも財政再建の手段であり、それまで国際的な公約と位置づけるものではないという理解が大勢のようだ。
それを前提とすれば、「2015年度まで赤字半減」という公約を政府は、どのような手段で実現するのか。景気回復にドライブをかけ、法人税、所得税、消費税などの税収増で実現させるのが王道であろうが、景気回復のための経済対策には予算が必要であり、それが国債発行でまかなわれるのなら意味はない。
やはり高齢者医療をはじめとする社会保障制度改革を一足早く断行することが求められるだろう。高齢者に過度に偏っている社会保障費を子育てに傾斜配分することも求められているので、高齢者医療制度の見直しだけでプライマリーバランスを改善させることはできないが、政府の意思として、財政再建に取り組んでいることを内外に示すためにも、躊躇せず前に進めてほしい。

 

 

March 29, 2013

写真日乗2013/03/29〜開高健を買う〜

L11125291_2

撮影:2013/03/28  東京・竹橋
Leica M8.2  Eimarit 28mm f2.8 第三世代前期

むかしは時間をつくって、かなりの頻度で出かけていた神田・神保町界隈であるが、とんと御無沙汰してしまっていた。昨日は、思い立って出かけたが、その理由は、昼に少々ヘビーなバーガーを頬張ってしまい、胃腸の消化が追いつかない感じだったためだ。職場から大した距離ではないが、ともかく歩くことにした。
かつても、特に何か探索しなければならない書籍があって出向いていたわけではなかったが、こうやって平日の夕刻、緩やかな時間を過ごすことは、心の余裕を持たせるためにも必要だということを再認識した次第。
相変わらず、カメラ持参でときどきこうしてレリーズするのだが、私が書籍を手に取りパラパラとめくっている時に、逆に撮られてしまうこともある。また、それも良しである。
ちなみに昨日は、開高健の名著「最後の晩餐」の単行本を1千円也で買ってきた。むかし文庫で読んだ記憶があるが、本棚に収めた記憶はない。

・・・腹のことを考えない者は頭のことも考えぬ・・・

とは、けだし名言であるが、やはり健康も大事である。開高健が亡くなったのは58歳の時、私もその年齢に近づいた。今ならメタボオヤジと言われかねない、開高健の風貌、姿が懐かしい。今日から少しずつ、読み返している。

March 23, 2013

写真日乗2013/03/22〜東京都心の賑わい〜

L11123991

撮影:2013/03/22 東京駅丸ノ内
Leica M8.2  Eimarit 28mm f2.8 第三世代前期

この季節、東京都心は俄に賑わう。大学はもうとっくに春休みだし、小中高校も一昨日あたりが終業式だったようだ。卒業式を迎えた、例の姿の女子大生にもさまざまなところで出くわす。そういう首都圏の若者が都心に来るということもあるのだが、彼ら彼女らは風景にしっかりとけ込んでいる。
その一方で目立つのは、やはり地方から東京に遊びに来た若者だ。姿、格好は、東京の若者と変わらないが、やはり視線が定まらずきょろきょろしている。最近は、スマホのカメラ機能で、やたらに撮影しては何か打ち込んでいる。SNS にでも投稿しているのだろう。そういうことを首都圏の若者がしないわけではもちろんないが、普通なら撮さないようなところを記録しているのだ。
そう考えると、私のような街のスナッパーは、彼女彼らより撮らないところを撮っているといえる。東京にはさまざまな顔があるが、見る角度によって見えてくるものが違う面白さがある。それを首都圏の人たちにも分かってもらいたい。

December 22, 2012

写真日乗2012/12/22〜「上から目線」の思い違い〜

20121221l1111927

撮影:2012/12/21 東京・新宿駅新南口
Leica  M8.2  Elmarit 28mm f2.8 3rd

今年読んだ本のなかで一番面白かったのは、やはり榎本博明の「上から目線の構造」(日経プレミアシリーズ)であろうか。実際わが職場でも、経験は十分にすぎるほどあり、博学でもある中間管理職が、入ってまだ数年の若い職員に「上から目線だ」に近いニュアンスの言葉で食って掛かられていたことを目の当たりにした。その中間管理職は、かなりきつい口調で論破してしまったが、それでも若い職員にとって、中間管理職の発言は最後まで、「上から目線のもの」と感じられただだろう。
しかしここは組織である。ここに必要な知識と経験というものが厳然としてある。いろいろ言ってくれる上司はむしろ優しい上司といえるだろう。それに対して、「上から目線だ」といって反論するのは思い違いそのもの、そのことに気づくべきだ。
例えば、対等に話すためにはたとえ、どのような関係あろうとも、知識、経験が相手と同レベルでないといけないと、普通は努力するものだろう。若い者に経験がないのは、ある意味、仕方ないが、それも一つずつ与えられた課題に真面目に取り組むことで蓄積されてくる。それを避けたいのか、経験者に食って掛かる輩は、組織人としては、育成に力が入らなくなるのは仕方ないところだ。
知識はともかくとして、経験はとても大切である。経験のある、なしの差は、おそらく知識のある、なしの差より大きい。他の分野での経験を活かせることも多いが、経験のない者は謙虚に、上のものの経験談に耳を傾けるべし。それが使えるかどうかは、聴く側が判断すれば良い。いただける経験は、いただけば良いのだ。ただただ、経験を愚弄する者は、どのような分野でも、決して成功者にはなれない。

写真日乗2012/12/21〜本年もあと十日なる疲れかな〜

20121220l1111909

撮影:2012/12/20  東京・新宿新南口
Leica M8.2 Elmarit 28mm f2.8 3rd

寝違えてしまって、首の状態が思わしくない。今年の春先、右手の指先の痺れがひどくなり、その原因として疑われた頸椎のレントゲンを撮った際には、全く問題がなかったので、今回は、整形外科に行くことはせず、行き付けの鍼マッサージの治療院で施術してもらっている。
首の調子が悪いと、いかに行動に制約が出てくるかが今回、よくわかった。まず、車の運転ができない。シートベルトをしめて、シートに固定されている状態では、左右の確認は首を回さないとできないが、それが痛みで制約される。また、電車で通勤する途上でも、プラットフォーム上の移動に気をつかう。振り向くことができないし、人を避けながら急ぎ足で行くこともできない。
すべてにおいてゆっくりと動かざるをえぬ状態は、何年かの自分の姿を見るようで、気分的にも落ち込む。
10月、11月のマラソンレースがうまくいったその反動で、疲労がなかなか抜けないのであろう。致命的な状態にならないように、いましばらくは自重すべきだろうが、今週末は念願の南座顔見世大歌舞伎の観劇で京都に行く。底冷えの京都を楽しむことは、はたしてできるだろうか。

December 21, 2012

写真日乗2012/12/20〜ロバート・キャパのこと〜

20121216l1111873

撮影:2012/12/16  横浜市・鶴見
Leica M8.2 Elmarit 28mm f2.8 3rd

最新の文藝春秋に、沢木耕太郎が「キャパの十字架」というノンフィクションを寄稿した。104ページにのぼる大部な書き物は、「崩れ落ちる兵士」というスペイン内戦を象徴する写真として1936年に撮られたキャパの代表作の真贋をめぐるものである。
真贋というと、少し正確ではないが、キャパのこの作品を疑い、物証を追い求める、数年にわたる調査を記録し、また自身の主観が綴られている。
偶然といえば、偶然なのだろうか、やはり最新の写真月刊誌「CAPA」には、「みんなロバート・キャパになりたかった」とうい特集が組まれていて、実に対照的である。「CAPA」における「崩れ落ちる兵士」のキャプションには、こう書かれている。

・・・共和国軍の民兵たちは塹壕の中で孤立していた。意を決して塹壕を飛び出した民兵に、叛乱軍の銃弾が襲った。・・・

沢木は、このキャプションが事実ではないことを追い求めた。その成果をしたためた渾身のノンフィクションであるというのが、文春の寄稿なのである。「ここまでやるのか」と思うほど、執拗に真実を追い求める姿勢は、純粋なジャーナリストのものとして称されるべきだろうが、スペイン内戦の激しさ、悲惨さを伝える「イコン」として、世界中の人々が長年認めてきている写真を前に、どれほどの人々が沢木の書き物に関心を寄せ、また読んで頷くのだろうか。
私の場合、読み進めていくにつれて感じるは違和感であった。沢木の追い求めたものがおそらく真実に近いとしても、この写真の偶発性からくるインパクトの強さは減じることはないと思う。それ以上に、沢木という作家が、写真というものを極めて狭く捉え、定義づけていることが見えてくる。
何がが正しいかは別として、フォトグラファーを自任する方は、是非、ご一読を。

December 19, 2012

写真日乗2012/12/19〜株式市場の過熱〜

20121216l1111875

撮影:2012/12/16  横浜市・鶴見
Leica M8.2 Elmarit 28mm f2.8 3rd

日経平均が上昇、株式市場が過熱気味になっている。安倍総理が日銀とアコード(協定)を結び、2%のインフレターゲットを設定したいという意向が先取りされている。昨日は、集団的自衛権の行使を意図する安倍総理の方針を書いたが、日銀の専管事項である金融政策への過度の介入は、安倍政権の経済政策上の目玉となるものだ。
しかし、それは果たして日本経済にとって良薬となるものか。日銀がこれ以上の金融緩和を進めるためには、日銀がバランスシートを膨らませること、すなわち増刷した日銀券で内外の債権を購入することが必要である。まずは市場からの日本国債の購入を増やすことなるが、国債の発行残高がGDPの倍以上もあるので、日本国債の信用力が落ちることは明らかであり、国債の格付けが下がることで日銀のバランスシートは傷む。それは、日銀券の価値を減じることと同義であり、円安が一気に加速することにもつながってくる。
現在、原発の停止による化石燃料の輸入拡大によって、貿易収支は大幅に赤字になっているが、さらに円安に振れるようであればが、電気料金やガソリン価格などは上昇し、インフレを止められなくなるおそれすら出てくる。
それは当然、需要を冷やす。企業が海外に逃げ雇用の回復が遅れているなかで、円安による輸入材の価格の上昇は、日本経済にとって大きな打撃となる。それが株式市場からの外資逃避につながれば、いま起きている株価の回復も一夜の夢となってしまうのだ。株安、債券安は、日本にとって致命傷になりかねない。
風が吹けば桶屋が儲かるの喩えより、はるかに蓋然性の高いシナリオであると思うが、いかがか。

December 16, 2012

写真日乗2012/12/16〜自公連立政権樹立へ〜

20121216l1111883

撮影:2012/12/16 横浜市・鶴見
LEICA M8.2  Elmarit 28mm f2.8 3rd

29年ぶりの師走選挙となった第46回総選挙。予想通り、自公の勝利、両党の連立政権が確実となった。投票率が、前回、民主党への政権交代が実現したときより10%下がった。これにより、支持層を確実に固めた自民と公明が、盤石の戦いをしたということだろう。
両党で320議席を越えれば、参議院で否決された法案等が、衆議院での再可決が可能になる。思い切った政策もとれるので、安倍総裁自身がしくじらなければ、長期政権となる。
第三極は、投票率の低さと乱立で、存在感を示せたのは、強力なツートップを抱える維新のみだった。未来は、そのうち消滅するだろう。小沢傀儡は、まるで満州国樹立のようでもあり、その印象は悪夢を想起させるのである。懸命な有権者の判断である。
しかし、政治は一寸先が闇である。そのことを一番身にしみて分かっているのは安倍総裁であろう。二度しくじると、現代でも切腹ものである。

その他のカテゴリー

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f4.5-6.3G ED VR AF-S 50mm f/1.8G AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f2.8 G AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR AF-S Nikkor 14-24mm f2.8G ED AF-S NIKKOR 20mm f1.8G_ AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G AF-S Nikkor 58mm f1.4 G AF-S Nikkor 80-400mm f.4.5-5.6G ED VR AF-S Nikkor 85mm f1.8G AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G AF-S VR Zoom-Nikkor 70-200mm f/2.8G AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED Ai AF Nikkor 28mm 2.8 D Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-5.6D Ai AF Zoom Nikkor 35~70mm F2.8D Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED Ai Nikkor 24mm f2.0S Ai Nikkor 45mm f2.8P AI-S Nikkor 35mm f2.0 Apple iPhone 7 Plus Carl Zeiss Biogon 25mm f2.8 ZM Carl Zeiss C Biogon T* 21mm f4.5 Carl Zeiss Loxia 50mm f2.0 Carl Zeiss Sonnar 55mm F1.8 ZA_ Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm f2.8 ZA Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-35mm f4.0 CONTAX T2 Carl Zeiss Sonnar 38mm f2.8 D3 D4s D800 DP3 Merrill Elmar 3.5cm f3.5 L Elmar 5cm f2.8 L Elmar 5cm f3.5 L Elmar 65mm f3.5 Visoflex Elmarit 28mm f2.8(第3世代前期) Elmarit 90mm f2.8_ GXR + GXR MOUNT A12 GXR+S10 24-72mm F2.5-4.4 VC Hasselblad SWC nonT* Biogon 38mm f4.5 Leica M Monochrome Leica M10 Leica M6 Leica M7 Leica M8.2 Leica M9-P Leica Q Lumix CM1 Lumix GX1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro_ Minolta Autocord 75mm f3.5 Minolta CLE Minolta M-Rokkor 28mm f2.8 NEXUS5 Nikkor 20mm f3.5 Nikkor 28mm f3.5 Nikkor 45mm f2.8 Nikkor 50mm f1.4 Nikon D3 Nikon D4s Nikon D500 Nikon D90 Nikon F2 Nikon F6 Nikon FTN Noctilux 50mm f1.0 第2世代前期 OLYMPUS OM-D E-M1 Panasonic Lumix GX1 RICOH GR SIGMA 24mm f1.4 DG Art SIGMA 35mm f1.4 DG Art SIGMA 50mm f1.4 DG Art SIGMA dp0 Quattro SONY FE 28-70mm f3.5-5.6 OSS SONY FE 85mm f1.4 GM SONY RX100 SONY α7R II SONY α7s Summaron 35mm f3.5 L Summicron 35mm f2 ASPH 第5世代 Summicron 50mm f2.0 第三世代 Summicron M 35mm f2.0 ASPH. Summilux 25mm f1.4 Summilux 50mm f1.4 第一世代後期 Summilux-M 35mm f1.4 ASPH Summilux-M 50mm f1.4 ASPH. Super-Angulon 21mm f3.4 TAMRON SP AF90mm f2.8 Di MACRO TAMRON SP 24-70mm f2.8 Di VC TAMRON SP 35mm f1.8 Di VC USD TAMRON SP 90mm f2.5 MACRO 52BB Voightlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm f4.5 Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5_ Voightlander ULTRON 28mm f2.0 Voigtländer HELIAR classic 75mm f1.8 Voigtländer Color-SKOPAR 35mm f2.5 Voigtländer Heliar 50mm f2.0 L Voigtländer Heliar Vintage Line 50mm f3.5 Voigtländer NOKTON 25mm f 0.95 Voigtländer Super Wide Heliar 15mm f4.5 ASPH ii Voigtländer Ultron 35mm f1.7 ASPH. Voigtländer Nokton Classic 35mm f1.4 SC フィルム マラソンを走る 前十字靭帯再建術・リハビリ 国鉄蒸気 日記 短歌

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30