カテゴリー「Leica M8.2」の記事

November 04, 2015

写真日乗2015/11/03~ソヒエフ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団のコンサートを聴く~

L1114300ver3
撮影:2015/11/03 於:東京・サントリーホール
Leica M8.2 Summicron-M 35mm f2.0 ASPH.

ラグビーのワールドカップは、ニュージーランドが宿敵オーストラリアを破り、初の連覇を遂げて幕を下ろした。この6週間、眠い目をこすりながら見てきた大会の決勝が、やはり最もエキサイティングでレベルの高い試合だったと思った。
その余韻に浸りながらも、やはり秋が深まるとクラシック音楽にのめり込んでいく。既に書いたとおり17年ぶりにCDプレーヤーを買い替え、毎日、そのエージングのためにクラシック音楽を聴いているが、今週、来週は、同じ火曜日にサントリーホールに通って、オーケストラとピアノ独奏のコンサートを聴く。
今日は、ベルリン・ドイツ交響楽団(Deutsches Symphonie-Orchester Berlin)の演奏会である。指揮者は、トゥガン・ソヒエフ。ロシア出身の30代の指揮者である。欧州でも注目を浴びているようで、同僚のクラシック通と話すと、「世界の若手指揮者のなかでも、十指に入るだろう」とのことである。
私にとって、聴いてみようと思う若手指揮者は、まず日本のオーケストラでの客演で聴くことにしている。実際にホールで聴くこともあれば、NHK交響楽団のテレビ放映で確認することもある。そのうえで、良いと思った若手指揮者が振る海外オーケストラによるコンサートのチケットを買い求める。今回は、これまで全く聴いたことのない指揮者で、ディスクも持っていない。来年1月のNHK交響楽団の定期で登場するということで、そのチケットは早々と手に入れていたが、その後、それならばと今日のコンサートのチケットを入手した次第である。
指揮者も注目していたが、このオーケストラにも注目していた。その昔、RIAS交響楽団と呼ばれてたラジオ・シンフォニー・オーケストラであるが(Radio In the American Sector Symphony Orchestra)、それは西ベルリンを統治していた米国の占領地区放送局の設立したオーケストラとして発足、東側から逃れてきた音楽家の受け皿になったという歴史を持つという。ドイツの東西統一後に、現在の名称になり活動しているが、最近では、ケント・ナガノやインゴ・メッツマッハーが主席指揮者を務めており、私もデケント・ナガノ時代のディスクを何枚か持っている。ディスクでは、ドイツ伝統の響きを聴けるという安心感のあるオーケストラであるが、これまで来日公演を聴いたことがなかった。
今日のプログラムは、メンデルスゾーンの序曲「フィンガルの洞窟」 とベートーヴェンの ピアノ協奏曲第3番ハ短調(ピアノはユリアンナ・アヴデーエワ)が前半、休憩を挟んで、ブラームスの交響曲第1番ハ短調がメインである。アヴデーエワについては、アルゲリッチ以来の女性ショパンコンクール優勝者として騒がれているが、男性ピアニストの超絶技巧派とは全く雰囲気の異なるテクニシャンという感じがする。変幻自在で、どのようにでも弾ける感じで、譜面の読みによって私たちが想像もしない世界に導く。私は、ちょうど昨年の今頃、ミューザ川崎で彼女のピアノリサイタルを聴いているのだが、そのときの自分のブログを読み返してみると、「この人は、いわゆるショパン弾きではないのではないか。ショパンの独特の節回しがまだできていない、というより先人たちの模倣もしていないところが如実にわかる演奏で、疑問符のつくような部分も少なからずあった」と書いている。
今回はベートーヴェンでは冒険はせず、しかし背後から見ていても深く瞑想をするような長い休符を設けるなど、音楽の深さを感じた。ソヒエフは完全に伴奏に徹しており、個性を見せる場面はなかったといって良いだろう。アヴデーエワがアンコールで演奏したのはショパンの「雨だれ」だったが、これが実に良かった。左手の絶妙さは、まさにショパン弾きそのもの。1年ほどでうまくなったということでもないようで、私自身が聞き逃していた彼女の本質なのだろうと思う。
メインのブラームスについては、一言でいうならば、「ドイツ音楽の重厚な演奏」ということにつきる。ソヒエフは、かなりテンポは動かしていたが、決め所では、伝統的な厚みのあるハーモニーでまとめきるというスタイル、聴いていて安心できた。ソロのパート部分もみな完成度が高く、このオーケストラの実力の一端を垣間見ることができた。
ソヒエフのもとでもう3年も演奏しているがゆえの、双方の理解度の深さが演奏に表れていた。常任、あるいは主席の指揮者とはいえ、来日の回数、滞在日数が少ない日本のオーケストラの場合、ここまで指揮者の意図を音楽として昇華させることはできないのではないか。先日、ミューザ川崎で聴き感動したノット/東京交響楽団のマーラーの交響曲第3番の演奏会と比べても、彼我の熟成度の違いは相当あったといわざるを得ない。
ソヒエフにとっては、ここを踏み台として、よりメジャーなオーケストラと契約を結べるだけの実績が必要となる。先日、キリル・キタレンコという中堅指揮者がベルリンフィルの主席指揮者・芸術監督に選ばれたが、当然、そうしたキャリアのつくりり上げ方をソヒエフも意識しているに違いない。
ということで、アンコールの2曲、グリーグの「2つの悲しい旋律から過ぎし春」、モーツァルトの「フィガロの結婚序曲」ともども、大変楽しめたコンサートだった。

September 14, 2015

写真日乗2015/09/08~雨の降り続く週には~

L1114277ver2

撮影:2015/09/06  於:横浜市・鶴見
Leica M8.2 Summicron-M 35mm f2.0 ASPH.

二つの台風の接近で、週の頭から雨が降り続いている。足は、手術をした膝の周辺の腱に軽いが痛みが出ていることに加えて、前後の頚骨筋が硬くなりそれがかかとの痛みとして出ていることで、走るのがきつい状態となっている。そこで今週は、ジムでの筋トレを中心にすえて、ランニングは、少しでも雨が降っていたら休むということに決めた。
昨日も今日も、朝方、私がトレーニングを行う時間にかなり降っていたので、ランニングは中止である。
終日から9カ月が経過しても、このような状態なのだから、膝の手術をした後は、とても困難な回復の過程を辿ることが今更ながら、よくわかった。リハビリの初期段階では、負荷が低いため、どんどんよくなるという実感があるのだが、いよいよ競技復帰に向けた時期に入っていくと、長くてきついトレーニングの結果、再び膝がいうことをきかなくなってくるのである。膝がいうことを利かないというこの感覚は、手術後3カ月の頃とあまり変わらない。逆戻りしたのではないかと思うほどである。
それでも前に進むほかなく、ジムでは新しい筋トレのメニューを少しずつ増やし、またランニングも、少し底の薄い軽いシューズを履いて距離を伸ばしている。10月には、練習会的なかたちでのレース参加も決めているので、ここに向けてやるほかない。
仕事も秋の陣で忙しくはなってきたが、折り合いをつけながら、厳しいリハビリを続けていく。その覚悟はできているが、また胸突き八丁の局面は出てくるのだろう。






September 09, 2015

写真日乗2015/09/06~静かなる日曜日~

L1114264ver2

撮影:2015/09/06 於:横浜市・鶴見
Leica M8.2 Elmarit 90mm f2.8

昨日、今日と、それほど陽射しがあったわけではなかったが、蒸し暑く、ランニングは15キロでギブアップ、ジムでの筋トレもやらず、家の中でストレッチをしたり、セルフマッサージをしたりして過ごしていた。
昨日あたりから再び、左足のかかとが痛むのだが、膝の曲げ伸ばしが万全でなく、その状態でランニングをし続けていて、前頚骨筋がかなり硬くなったためではないかと思う。大腿部の筋力がまだ十分でないために、膝から下の力に頼り走っていることで負担をかけているのだろう。
明日からは台風接近と秋雨前線の活発化で毎日、雨模様の予報となっているので、ランニングを少しの期間休み、ジムでの筋トレに注力しようと思っている。図らずも8月末に30キロ走ができたので、ここで焦ることはない。
この写真のように、ヒガンバナ科の花が咲き始めた。平年より早い開花ではないだろうか。この花を撮っている脇を私が普段、写真を撮らせてもらっている近所の小さな女の子がお母さんと買い物から帰ってきた。その母子としばし話をしていたら、ぽつりぽつりと雨粒が落ちてきた。夕方になると花を閉じるタマスダレが、雨雲の接近とあわせるように、花を閉じ始めていた。

October 03, 2014

写真日乗2014/10/01〜ほんとに何かが終わる?〜

L1114228

撮影:2014/09/30 横浜市・鶴見区
Leica M8.2 Summicron-M 35mm f2.0 ASPH.

27日の土曜日、撮影前のロケハンで膝をひねり、テーピングとアイシングをしながら、とりあえず終日、撮影をこなした後、この曲の歌詞がふと頭に浮かんで来た。

  悪ぶるわたししか知らず あなたは旅立って行った
 お互い自分のさびしさを抱いて それしか持てなかったの

 こんなわたしでもいいと いってくれた一言を
 いつまでも大切にしてる私を笑わないで

 したいことをしてきたと 人は思っているけど
 誰にも心の翳りはわかるものじゃないから

 残った都会の光見つめて たたずめば
 その時 私の中で
  ほんとに 何かが終わる

荒井姓時代の名曲、ユーミンの「さみしさのゆくえ」である。歌詞の通り、これは失恋の歌であるが、私のサラリーマン人生に重ね合わせることのできるものでもある。不況のなかで選びようもなかった就活、大学院進学も家庭の事情で諦め、入った職場は当時、私のセンスを活かせるところではなかった。
しかし、時代は変わり、このような私にしかできない仕事が次々に降ってきて、こなしているうちに、30年以上のキャリアとなった。しかし、職場の色に染まらず、ずっと「悪ぶるわたし」は、上司に心から気に入られることはなく、今日に至っている。
所得を得ているところとはいえ、そこはいつも仮住まいとの想いを抱いていた・高校時代まで夢中に取り組んでいて、雑誌にも出稿していた写真。それを自分の真の仕事と位置付けてきたが、その現場での怪我には、参ってしまった。
もうこうした中途半端なことはやめようと...。
十字靭帯の完全断裂なら、完治まで相当の期間がかかるだろう。就業規則の病気欠勤を最大限活かして、給与は最低限もらいながら療養し、新しい写真の仕事に取りかかろうというプランが脳裏をかすめた。
まさに、「私の中で ほんとに なにかが終わる」と感じたのである。
しかし怪我は、それほどひどいものではなく、半年もすれば何事もなく、今の職場で忙しくしていることだろう。もうしばらく、写真を生業にすることはできないのだろう。

October 02, 2014

写真日乗2014/09/30~怪我をすれば見えてくるもの〜

L1114240

撮影:2014/09/30 横浜市・鶴見
Leica M8.2 Summicron-M 35mm f2.0 ASPH.

膝周辺の腫れや熱も引いてきて、少しずつ歩き始めている。サポーターを装着し、普段、会話を交わす、なじみの店の主のいるところに状況を説明しながら、買い物をしている。何しろそうした店で私は、熱心なランナーと認識されており、隠れ続けるわけにもいかないので、早めに報告をしている次第。
そのようななかで、結構適切なコメントをくれたのは、パン屋の若い主。「神様が休めといっているのでしょう。ゆっくり休んで、また走ってください」と。このところ、家内と職場の女性のマラソンを指導しているうちに、マイペースのトレーニングができていなかった。古傷をたくさん抱えている私には、スピード面はともかく、距離の面できつかった。その影響で両足の臀部からハムストリングにかけての張り、あるいは痛みが常態化していた。鍼とマッサージでごまかしてきたが、ゆっくり休んだあとに、じっくり足づくりをした方が、こうした故障が起こりにくくなるのではないかとい思っている。
ランニングとは関係はないが、この和菓子屋の親子とは、私がランニングを始めた28年前からのつきあいで、気の置けない間柄ではあるのだが、結構冷たくあしらわれた。ぶらっと訪れた親子の写真を撮ってあげて、「プリントしてこの店に置いておくから、もらって」と店の家族の前で言った。その後、プリントができたので、店に持っていったら、いかにも迷惑だという顔をされた。
長く通ってきた店の者の本当の性格が見えてしまって驚いた。母親は、足腰に障害が出て、そのことを繰り返し訴えたり、私の知らない近所の者の悪口、おそらく根も葉もない噂話をしたりで辟易していたところ。人付き合いは、いきすぎると良くないことも実感し、すこし距離を置こうと思った。
最近商売人の愛想が総じて悪いと感じているが、老人の多い消費水準の低い街の、商店街からも外れた間口の狭い店から抜けだすことができなかったのは、それなりに理由があると言うことなのだろうか。味は良いのに...。

September 22, 2014

写真日乗2014/09/20~いよいよ秋の走り込みを~

L1114177

撮影:2014/09/18 東京・日比谷
Leica M8.2 Ultron 28mm f2.0 VM

今日は曇りがちで、最高気温が20度をすこし上回る程度の予報だったので、意を決して40キロ走に臨んだ。4月にかすみがうらマラソンを走って以来、40キロを走るのは5か月ぶりのことだが、今日くらいの温度ならば、十分こなせるだけのトレーニングをこの夏、行ってきたという自信はある。
今日は途中コンビニで、水やお茶、おにぎりなどを採ったが、レースなどで使うアミノ酸系のゼリーなどは、一切使わないで走りきることを課題とした。ペースはキロ6分を超えるゆっくりとしたものだが、自分の身体でどこまで走ることができるかを試したわけである。苦しい場面はあったが、お茶を飲めばカフェインによって脂肪燃焼が進み、苦もなく走ることができたし、おにぎりを食べた1時間ほどあとから、ぐっと力がでてきたことも実感できた。
ただただ走るのではなく、自身の身体と対話することで、レース中のシミュレーションをするという意識が、この時期は大切なのである。
今日のコースは極めて単純で、自宅近くの一級河川のサイクリングロードを上流に21キロ遡り帰ってくるというものだ。これもこの時期に大切なトレーニングの方法である。一言で言えば、「距離に負けない気持ち」を身につけるということだ。これだけは、何年もマラソンに取り組んでいても、シーズンごとに気持ちを切り替えて修得しなければならない。これができていないと、調子だけでマラソンを走ることになり、何らかの要因で最初のレースで失速してしまうと、そのシーズン、最後までうまく走れなくなってしまう。だから、走り込みの最初の段階で、42キロという距離に負けない気持ちをつけるように意識するのである。


写真日乗2014/09/19~スコットランド、独立決断せず~

L1114192

撮影:2014/09/19  東京・銀座
Leica M8.2 Ultron 28mm f2.0 VM 

世界の注目を集めたスコットランドの住民投票、その結果は、直前の世論調査通り、独立反対派が賛成派を10%ポイント上回った。「独立」という言葉は、古今東西、人々の心を高揚させるものだが、英国の場合、独立主権国家連合とういうシステムのもとで、イギリス国王(エリザベス女王)を元首たる国王とする国がある。そうした国では、国王から任命された総督が国王の役割を代行していて、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどがそうである。イングランドのお隣のアイルランドなどは、完全な独立国として、このシステムからも脱退しているので、スコットランドもその道を選ぼうとしたわけだ。
スコットランドの場合、北海原油の鉱区が沖合にあるため、独立推進派がその収入によって、十分、国の経営は可能だとしたが、石油生産量は既に1990年代後半にピークとうっており、新しい油田の発見が追いつかず、2020年代には資源が枯渇するとされている。
製造業も国の屋台骨を支える産業だが、イングランドの企業と商売をしている企業が多く、独立した際には、国境が設定されれば、関税などさまざまなコストが付加され、経営は成り立たなくなる。もし独立が決まれば、イングランドに生産施設を移転させるとしていた経営者も多かったといわれている。そうなれば、雇用は大きく減少し、一転して社会不安も発生する。
欧州の国々は、EUという大きな枠組みがあるが、EUに加盟さえできれば、十分、やっていけるというものではないことは、ギリシャで起きた事態を見れば明らかである。国境をつくれば、その狭い国の中にいる人々の行動やガバナンスが世界の市場で評価されることになる。その評価に耐えられないことをスコットランドの人々は、足下を見つめ直して、直前で気づいたということなのであろうか。

September 20, 2014

写真日乗2014/09/18~国産新車とほぼ同じ値段~

L1114184

撮影:2014/09/18 東京・銀座
Leica M8.2 Ultron 28mm f2.0 VM

ライカMが開発、発売されて今年で60年だそうだ。最初は、かの有名なM3で1954年に発売された。私も、数年、中古品を保有したが、見やすいブライトファインダーに静かなシャッター、巻き上げのスムーズさ、確かなマウントなどが際だっていて、今でも一級の性能を持つものだ。あまりに金をかけたパーツをふんだんに使っているため、当時、円が国際通貨でほとんど認められない時代だったこともあり、家一軒が買えるほどの金を出さないと手に入らないと言われたが、木村伊兵衛などは持っていたので、決して日本人すべてが買えないものではなかったはずだ。
この際だって優秀なカメラが世に出たことで、ニコンもキヤノンもレンジファインダー・タイプの開発を諦め、一眼レフの開発に専念したという話は有名だが、結果的に一眼レフがレンジファインダーを凌駕して、プロフェッショナルの使用に耐える偉材は、いまや一眼レフだけということになっている。
しかし、である。その一眼レフで何でも撮れるわけではない。レンズのマウント面からフィルム(デジタルだと撮像素子)面までの距離がどうしても長くなる一眼レフは、レンズをライカMのようには小さくはできない。広角も、圧倒的にライカMマウント用の方がつくりやすい。ニコンはいろいろ工夫して何とかつくったが、キヤノンはいまだ決定版といえる広角レンズをつくれていない。
具体的にいうと、一眼の大きなボディに口径の大きなレンズは、このようなストリートスナップには全く向かない。これで赤の他人を撮りまくることが出来る者がいるとすれば、すこし頭がおかしくなっていると思った方が良いくらいだ。
この写真を撮ったライカMはデジタルだが、しずかにスマートに街角を切り取れる。MFでも、ピントはあわせやすい。マウントは不変なので、60年前に出たMマウントレンズも、それ以前のバルナックライカ用のLマウント・レンズも使える(L-Mマウントアダプター使用)ので、プロフェッショナルが作品作りにこのライカM初のデジタルを使うようになったという点で、ライカ復活を印象づけた。
そのライカM、60年を記念したつくられたというType240ベースのカメラが予約受付中だが、レンズ付きで新デザインで230万円ほどだ。家が買えてしまうわけではないが、小さめの国産車なら新車が買えてしまうお値段である。

August 27, 2014

写真日乗2014/08/26〜夏の終わりに来る期日〜

L1114166

撮影:2014/08/25 横浜市・鶴見
Leica M8.2 Summicron 50mm f2.0 第3世代

わが家の地区の小学校は、明日から新学期である。関東では、私たちの頃からつい最近まで、「新学期は9月」であった。しかし、土曜日が休みになって行事のやりくりが難しくなり、その上に、学力向上の使命も課せられた学校側は、休みの短縮というかたちをとってきたようだ。
私が直接聞いたわけではないが、家内が近所の小学校の子供がいる家からお母さんの金切り声と小学生の娘さんの泣く声が聞こえてきたといっていた。むろん虐待ではなく、想像するに、夏休みの宿題がまだ大量に残っていたということではないか。もし夏休み最終日に宿題ができていないとなれば、普通は本人がパニックになるものだが、いまは親がパニックになってしまう。公立の初等教育は、基本的に競うことのさせないスタイルの、のんびりとした教育なので、夏休みの宿題は忘れたままになっていても、子供は焦りもしないという状況は、かなり多くの家庭で実際にあることなのではないか。
約束どおり期日を守り、納品するという行為は、10何年かすれば多くの者が職業人として厳しく厳命されることである。少しずつでも良いので、期日を守るための大切を理解し、そのためのプロセス、メソッドを学んでいってほしいと思うのである。

August 24, 2014

写真日乗2014/08/21〜若い人を使い捨てにしない企業〜

L1114152

撮影:2014/08/21 東京駅丸ノ内北口
Leica M8.2 Summicron 50mm f2.0

小学校から高校までは、夏休みは最終盤に入ってきた。私の地元の横浜では小学校が27日から秋の学期が始まる。しかし、大学は9月下旬まで休みのところが多く、私がよく行くスタバなどでは、旅行や帰省などから帰ってきた連中がアルバイトに戻ってきている。「旅行の費用分くらい働かないと・・・」といっていた子もいて、案外、しっかりしているなあと感心した次第。
まだまだ暑い日が続くが、屋内で働けるアルバイトは彼ら彼女らにとってとても貴重なのだろう。それなりに研修を受けないと就けない仕事だということも、一つのステータスになる。
それ以上にここは、しっかりした人事管理が行われていて、安心して働けるのだろう。そうした体制の整っていない飲食系の企業が近年、ブラック企業と名指しされた結果、人が離れていき、一気に減収減益、赤字決算となる事例も出てきているので、特に若い人を使い捨てにしない意識が企業にとって重要な時代になっているのではないだろうか。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f4.5-6.3G ED VR AF-S 50mm f/1.8G AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f2.8 G AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR AF-S Nikkor 14-24mm f2.8G ED AF-S NIKKOR 20mm f1.8G_ AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G AF-S Nikkor 58mm f1.4 G AF-S Nikkor 80-400mm f.4.5-5.6G ED VR AF-S Nikkor 85mm f1.8G AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G AF-S VR Zoom-Nikkor 70-200mm f/2.8G AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED Ai AF Nikkor 28mm 2.8 D Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-5.6D Ai AF Zoom Nikkor 35~70mm F2.8D Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED Ai Nikkor 24mm f2.0S Ai Nikkor 45mm f2.8P AI-S Nikkor 35mm f2.0 Apple iPhone 7 Plus Carl Zeiss Biogon 25mm f2.8 ZM Carl Zeiss C Biogon T* 21mm f4.5 Carl Zeiss Loxia 50mm f2.0 Carl Zeiss Sonnar 55mm F1.8 ZA_ Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm f2.8 ZA Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-35mm f4.0 CONTAX T2 Carl Zeiss Sonnar 38mm f2.8 D3 D4s D800 DP3 Merrill Elmar 3.5cm f3.5 L Elmar 5cm f2.8 L Elmar 5cm f3.5 L Elmar 65mm f3.5 Visoflex Elmarit 28mm f2.8(第3世代前期) Elmarit 90mm f2.8_ GXR + GXR MOUNT A12 GXR+S10 24-72mm F2.5-4.4 VC Hasselblad SWC nonT* Biogon 38mm f4.5 Leica M Monochrome Leica M10 Leica M6 Leica M7 Leica M8.2 Leica M9-P Leica Q Lumix CM1 Lumix GX1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro_ Minolta Autocord 75mm f3.5 Minolta CLE Minolta M-Rokkor 28mm f2.8 NEXUS5 Nikkor 20mm f3.5 Nikkor 28mm f3.5 Nikkor 45mm f2.8 Nikkor 50mm f1.4 Nikon D3 Nikon D4s Nikon D500 Nikon D90 Nikon F2 Nikon F6 Nikon FTN Noctilux 50mm f1.0 第2世代前期 OLYMPUS OM-D E-M1 Panasonic Lumix GX1 RICOH GR SIGMA 24mm f1.4 DG Art SIGMA 35mm f1.4 DG Art SIGMA 50mm f1.4 DG Art SIGMA dp0 Quattro SONY FE 28-70mm f3.5-5.6 OSS SONY FE 85mm f1.4 GM SONY RX100 SONY α7R II SONY α7s Summaron 35mm f3.5 L Summicron 35mm f2 ASPH 第5世代 Summicron 50mm f2.0 第三世代 Summicron M 35mm f2.0 ASPH. Summilux 25mm f1.4 Summilux 50mm f1.4 第一世代後期 Summilux-M 35mm f1.4 ASPH Summilux-M 50mm f1.4 ASPH. Super-Angulon 21mm f3.4 TAMRON SP AF90mm f2.8 Di MACRO TAMRON SP 24-70mm f2.8 Di VC TAMRON SP 35mm f1.8 Di VC USD TAMRON SP 90mm f2.5 MACRO 52BB Voightlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm f4.5 Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5_ Voightlander ULTRON 28mm f2.0 Voigtländer HELIAR classic 75mm f1.8 Voigtländer Color-SKOPAR 35mm f2.5 Voigtländer Heliar 50mm f2.0 L Voigtländer Heliar Vintage Line 50mm f3.5 Voigtländer NOKTON 25mm f 0.95 Voigtländer Super Wide Heliar 15mm f4.5 ASPH ii Voigtländer Ultron 35mm f1.7 ASPH. Voigtländer Nokton Classic 35mm f1.4 SC フィルム マラソンを走る 前十字靭帯再建術・リハビリ 国鉄蒸気 日記 短歌

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30