カテゴリー「Voightlander ULTRON 28mm f2.0」の記事

February 25, 2015

写真日乗2015/02/23〜三津五郎、死す〜

20150221_dsc4705

撮影:2015/02/21  東京・大岡山
SONY α7s  Uitron 28mm f2.0 VM

坂東三津五郎丈が亡くなった。まだ50代、あまりにも早すぎる死である。勘三郎に続き、歌舞伎をこれから支えていく柱を失った。ただただ、残念無念である。本人も、そういう思いだったろう。
十二世 團十郎は、60代半ばで身罷ったが、「やり切った」という思いがあったに違いない。しかし、50代の二人は、「まだまだ俺にはやっておくべきことはある」という思いを抱えながらのしではなかったか。
勘三郎と三津五郎は、一見、対照的なキャラクターだったが、踊りがうまく、江戸の世話狂言をやらせれば、独自の色を出せる名役者だという共通点があった。
歌舞伎役者には家の芸がついて回るものだが、二人はすでに50代でそれぞれ唯一無二の芸を披露していた。そのことは、歌舞伎観劇のキャリアがそれほど長くない私にも、よく理解できた。きっと型があって、それを自身の創意工夫で崩し、リアリティを生み出していく、そのようなことを軽々とやり遂げてきたのが、この二人だったのだと思うのだ。
二人は、私よりほんの少し年上、同じ世代のフロントランナー、アイドルの死はやはりつらい。

February 22, 2015

写真日乗2015/02/22〜東京マラソンの日に〜

20150221_dsc4697

撮影:2015/02/21 東京・大岡山
SONY α7s Ultron 28mm f2.0 VM

今日は東京マラソン、思ったほどには天候は悪くならないようである。マラソンの場合、気温と風の方が降雨より影響が大きい。エリートランナーにとっては気温が10度以下で風もあまり吹かず、小雨の湿度の高い午前中にゴールできるので、ベストコンディションかもしれない。

問題は市民ランナーだ。4時間ほどでゴールできるランナーなら問題はなさそうだが、制限時間いっぱいでゴールをめざすものには、雨が小康状態となり気温があがり、風が強くなるという予報の午後、30キロ以降を走るとなると完走は厳しくなるかもしれない。身体がパニックを起こしてくると体温調整ができずに、とても危険な状態になるが、天候次第ではそういうこともあり得るという天気予報である。

と、人の心配をするほど、いま私には余裕はない。朝6時に起きて筋トレとエアロバイクのリハビリをした後、小雨降るなかランニングをしてきた。今日は20分2本、10分2本。昨日よりすこし長めで、案の定、ハムストリングの張りが強くなった。スピードはもちろん上げられない。ひたすら正しい姿勢でストライドは伸ばさず、ピッチを一定に保ちながらで走って行く。ただそれだけのことが精一杯なのである。

帰ってからはアイシングとシャワーによる温め。テレビで東京マラソンの観戦することはなく、最近購入したCDを聴きながら読書をしている。
元気な姿で走っているランナーたちの姿を見るのは正直いってつらい。やっと始まったばかりのランニングの練習だが、このままではフルマラソンはもう走れないという思いがつのるのである。

February 19, 2015

写真日乗2015/02/16〜スペシャリティ・コーヒーのことなど〜

20150214_dsc4606

撮影:2015/02/14  東京:大岡山
SONY α7s  Ultron 28mm f2.0 VM

この数年来、コーヒーがないと生活できないほど、一日数杯、コーヒーを飲んでいる。出先では、スタバやドトールなのだが、それらもさすがも飽きてきて、自宅ではいわゆるスペシャリティ・コーヒーの豆をひき、ドリップで落として飲むようにしている。
ここは、谷中コーヒーという東京に何店かある店の支店だが、産地のみならず、コーヒー園の名前、由来などが明記されていて、しかも品種や栽培方法、洗浄、乾燥を仕方まで分かるようになっている。もちろんフェアトレードが原則なので、通常売られている豆の価格に比べるとかなり高いが、購入時に焙煎してもらい、それを待つ間にデミタス・カップのサイズのものを無料サービスしてくれるので、毎週、2、3種、豆のまま買って帰る。それを毎朝一番で、数種ストックしてあるものから選び飲むのが楽しいのである。
スペシャリティ・コーヒーは、世界のコーヒー生産量の5%に過ぎないといわれている。普通のコーヒーは、ニューヨークの市場で国際価格が決まるのだが、スペシャリティ・コーヒーは品質で価格が決まり、生産者に栽培等の努力が価格に反映される。ゆえに、コーヒー栽培農家は国際市場の変動に左右されずに生産を続けられ、またコーヒーを飲料として供する業者も安定した品質のものを確保できるという、ウィン・ウィンの関係が構築でされるのである。
コーヒーの国際価格は、どんどん上昇しているが、それはいままで自国生産のお茶を飲んでいた中国などアジアの新興国が、日常コーヒーを飲み出し、需要が大きく拡大しているからである。スペシャリティ・コーヒーにもすでのその影響は出ているようなので、ここに表示されている価格では買えなくなる日が早晩、来るのではないかと心配している。

February 16, 2015

写真日乗2015/02/15〜ラグビーの魅力を伝えること〜

20150214_dsc4596

撮影:2015/02/14 東急大岡山駅
SONY α7s  Ultron 28mm f2.0 VM

帝京大学が先週、ラグビー日本選手権の1回戦で日本電気に快勝、今日の2回戦に進み、トップリーグ四強の一角を占める東芝と対戦した。帝京は、おそらく大学史上最強のチームであろうが、さすがに東芝には、かなりの大差で敗れるのではないかと考えていた。しかし、スコアは38-24、トライ数で6-4。東芝の前半3トライ3ゴール21-0から、じわじわ追い上げ、後半だけでみると19-17と帝京の得点が東芝を上回った。
スクラム、モールでかなり押されたし、FW戦で当たり負けする場面ももちろんあったが、ディフェンスは後半になればなるほどよくなり、そこからアタックのリズムも良くなった。普通なら大差の敗戦になるところを逆に追い上げたのだから、誠に立派である。
帝京が早稲田との対決に勝ち、大学ナンバーワンの地位についた頃は、リアリズムに徹し、勝つためだけの戦術にこだわった。ゆえにFWでボールをキープし続け、リスクの大きいボールを動かすことをしない、実につまらないラグビーに批判が集まった。日本選手権に出ても勝てなかったのは、そうした大学で勝つためだけのラグビーだったからに他ならないのだが、いまや目標を打倒トップリーグに置いて、トップリーグでも通用する戦い方を身につけつつある。何人かの選手はすぐにでもトップリーグのチームでレギュラーの座をつかめるほどで、このチームに他大学が勝つのは容易ではない。
結局のところ、素養の優れている選手が、良い環境でどれだけのトレーニングが積めるかが、こうしたコンタクトプレーを基本とするスポーツの原点になる。大学王者に満足することなく、大学側ができる限りの支援をしたことが、今日の帝京の成果につながっているのだろうと思う。
しかし、帝京にはいまだに批判は強い。かつて早稲田が高校の有力選手を集めたと批判されたが、いまや帝京がその批判を受けている。高校生からすれば、大学のトレーニング、実戦の中で力を付けていけば、トップリーグでもラグビーが続けられる道が開かれるのは、とても魅力的である。だから自然と良い選手が集まってくるのだろうが、帝京が強くなるだけで日本のラグビーが成長できるわけではない。
小学生が、「このスポーツで頑張ってみたい」と思わせる何かがないといけないが、果たして今日の東芝vs帝京にそれがあっただろうか。

写真日乗2014/02/14〜2月大歌舞伎〜

 

20150214_dsc4575_2

撮影:2015/02/14  東京・東急大岡山駅
SONY α7s  Ultron 28mm f2.0 VM

今月の歌舞伎は歌舞伎座、松竹操業120年と銘打った興業で、幸四郎に吉右衛門、菊五郎、左團次、歌六、時蔵、芝雀、又五郎、錦之助、菊之助と、大立者を含む幹部俳優総出演の感のあるものである。
昼の部を押さえていたが、リハビリで開演の午前11時には間に合わず、「吉例寿曽我」は諦めて、義太夫狂言「毛谷村」と舞踊劇「関扉」を観た。「寿曽我」を含め、歌舞伎の王道ともいえる演目が並んでいるが、今日はバスでどこからかやってきたと思われる団体客がたくさんいて、他人事ながら、果たしてどこまで理解できるのだろうかと心配になった。途中で出ていったり、歌舞伎ガイドのイヤホンを外しっぱなしで眠りこけていたり、である。そういう人々の木戸銭もあって、松竹は120年の歴史を作り上げ、歌舞伎を現代に残してきたのだから、文句はいうまい。
しかしながら、私自身も、例えば「毛谷村」では、1時間ちょっとの中で、世話の部分と時代の部分がくるくる入れ替わるような構成に、初役菊五郎のまだこなれていない台詞回しや所作に翻弄されてしまう。このあたりは、仁左衛門ならばと思うところだが、菊五郎劇団には残しておきたい演目なので、何度か勤めていくうちに、菊五郎らしい流れが出てくるのではないか。相手役の時蔵が既にお園を今回を含め7度勤めているので、よく話し合ってつくっていってほしいと、生意気ながら思った。
「関扉」は、幸四郎と菊之助のコンビだったが、はっきりもの申すならば、松禄あたりと菊之助でやってもらいたかった。舞踊のことはよく理解しているわけではないが、切れやリズムのないものだったと感じたのは私だけではあるまい。
来月は、「菅原伝授手習鑑」を通しで歌舞伎座、それに国立劇場で橋之助の「髪結新三」と3日、歌舞伎に行く予定。膝もだいぶしっかりしてきたので、待望の春である。

September 22, 2014

写真日乗2014/09/20~いよいよ秋の走り込みを~

L1114177

撮影:2014/09/18 東京・日比谷
Leica M8.2 Ultron 28mm f2.0 VM

今日は曇りがちで、最高気温が20度をすこし上回る程度の予報だったので、意を決して40キロ走に臨んだ。4月にかすみがうらマラソンを走って以来、40キロを走るのは5か月ぶりのことだが、今日くらいの温度ならば、十分こなせるだけのトレーニングをこの夏、行ってきたという自信はある。
今日は途中コンビニで、水やお茶、おにぎりなどを採ったが、レースなどで使うアミノ酸系のゼリーなどは、一切使わないで走りきることを課題とした。ペースはキロ6分を超えるゆっくりとしたものだが、自分の身体でどこまで走ることができるかを試したわけである。苦しい場面はあったが、お茶を飲めばカフェインによって脂肪燃焼が進み、苦もなく走ることができたし、おにぎりを食べた1時間ほどあとから、ぐっと力がでてきたことも実感できた。
ただただ走るのではなく、自身の身体と対話することで、レース中のシミュレーションをするという意識が、この時期は大切なのである。
今日のコースは極めて単純で、自宅近くの一級河川のサイクリングロードを上流に21キロ遡り帰ってくるというものだ。これもこの時期に大切なトレーニングの方法である。一言で言えば、「距離に負けない気持ち」を身につけるということだ。これだけは、何年もマラソンに取り組んでいても、シーズンごとに気持ちを切り替えて修得しなければならない。これができていないと、調子だけでマラソンを走ることになり、何らかの要因で最初のレースで失速してしまうと、そのシーズン、最後までうまく走れなくなってしまう。だから、走り込みの最初の段階で、42キロという距離に負けない気持ちをつけるように意識するのである。


写真日乗2014/09/19~スコットランド、独立決断せず~

L1114192

撮影:2014/09/19  東京・銀座
Leica M8.2 Ultron 28mm f2.0 VM 

世界の注目を集めたスコットランドの住民投票、その結果は、直前の世論調査通り、独立反対派が賛成派を10%ポイント上回った。「独立」という言葉は、古今東西、人々の心を高揚させるものだが、英国の場合、独立主権国家連合とういうシステムのもとで、イギリス国王(エリザベス女王)を元首たる国王とする国がある。そうした国では、国王から任命された総督が国王の役割を代行していて、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどがそうである。イングランドのお隣のアイルランドなどは、完全な独立国として、このシステムからも脱退しているので、スコットランドもその道を選ぼうとしたわけだ。
スコットランドの場合、北海原油の鉱区が沖合にあるため、独立推進派がその収入によって、十分、国の経営は可能だとしたが、石油生産量は既に1990年代後半にピークとうっており、新しい油田の発見が追いつかず、2020年代には資源が枯渇するとされている。
製造業も国の屋台骨を支える産業だが、イングランドの企業と商売をしている企業が多く、独立した際には、国境が設定されれば、関税などさまざまなコストが付加され、経営は成り立たなくなる。もし独立が決まれば、イングランドに生産施設を移転させるとしていた経営者も多かったといわれている。そうなれば、雇用は大きく減少し、一転して社会不安も発生する。
欧州の国々は、EUという大きな枠組みがあるが、EUに加盟さえできれば、十分、やっていけるというものではないことは、ギリシャで起きた事態を見れば明らかである。国境をつくれば、その狭い国の中にいる人々の行動やガバナンスが世界の市場で評価されることになる。その評価に耐えられないことをスコットランドの人々は、足下を見つめ直して、直前で気づいたということなのであろうか。

September 20, 2014

写真日乗2014/09/18~国産新車とほぼ同じ値段~

L1114184

撮影:2014/09/18 東京・銀座
Leica M8.2 Ultron 28mm f2.0 VM

ライカMが開発、発売されて今年で60年だそうだ。最初は、かの有名なM3で1954年に発売された。私も、数年、中古品を保有したが、見やすいブライトファインダーに静かなシャッター、巻き上げのスムーズさ、確かなマウントなどが際だっていて、今でも一級の性能を持つものだ。あまりに金をかけたパーツをふんだんに使っているため、当時、円が国際通貨でほとんど認められない時代だったこともあり、家一軒が買えるほどの金を出さないと手に入らないと言われたが、木村伊兵衛などは持っていたので、決して日本人すべてが買えないものではなかったはずだ。
この際だって優秀なカメラが世に出たことで、ニコンもキヤノンもレンジファインダー・タイプの開発を諦め、一眼レフの開発に専念したという話は有名だが、結果的に一眼レフがレンジファインダーを凌駕して、プロフェッショナルの使用に耐える偉材は、いまや一眼レフだけということになっている。
しかし、である。その一眼レフで何でも撮れるわけではない。レンズのマウント面からフィルム(デジタルだと撮像素子)面までの距離がどうしても長くなる一眼レフは、レンズをライカMのようには小さくはできない。広角も、圧倒的にライカMマウント用の方がつくりやすい。ニコンはいろいろ工夫して何とかつくったが、キヤノンはいまだ決定版といえる広角レンズをつくれていない。
具体的にいうと、一眼の大きなボディに口径の大きなレンズは、このようなストリートスナップには全く向かない。これで赤の他人を撮りまくることが出来る者がいるとすれば、すこし頭がおかしくなっていると思った方が良いくらいだ。
この写真を撮ったライカMはデジタルだが、しずかにスマートに街角を切り取れる。MFでも、ピントはあわせやすい。マウントは不変なので、60年前に出たMマウントレンズも、それ以前のバルナックライカ用のLマウント・レンズも使える(L-Mマウントアダプター使用)ので、プロフェッショナルが作品作りにこのライカM初のデジタルを使うようになったという点で、ライカ復活を印象づけた。
そのライカM、60年を記念したつくられたというType240ベースのカメラが予約受付中だが、レンズ付きで新デザインで230万円ほどだ。家が買えてしまうわけではないが、小さめの国産車なら新車が買えてしまうお値段である。

August 18, 2014

写真日乗2014/08/17〜今でもお薦め、ライカM8〜

 

L1114128

撮影:2014/08/16 東京・数寄屋橋
Leica M8.2 Ultron 28mm f2.0 VM

この写真は、ライカのM8,2 というデジタルカメラで撮っている。そのベースはM8という2006年11月に発売されたM8なのだが、このAPS-H の1030万画素のカメラが未だ現役で使えるのは、ローパスフィルターのみならず、赤外線吸収の役割を果たすフィルターも薄いために、極めて鮮鋭な画像が得られるからである。画素数が増えても、センサー前に置かれるガラスにいろいろな機能を持たせると解像度が格段に落ちてしまう。それが少ない設計となっているのが、M8というデジタルの良さなのである。
しかも、最近主流のCMOSではなくコダック製のCCDであることも、個性的な描写をする要因である。動画は撮れないが、いかにもライカのつくったデジタルという特徴が出ていて、私自身、国産の最新デジタルを買っても、「これだけは手放せないな」と何度も確認させられるほどである。
このカメラには、あまり鮮鋭なレンズよりも、このコシナ製フォクトレンダーのような柔らかい描写のレンズをつけると良い。現代のデジタル、最新のレンズでは絶対の撮れない写真が撮れる不思議さは、未だによくわからないのが正直なところではあるが実に魅力的である。
もちろん、カタログには載っていない製品だが、中古は結構流通している。M8が20万円ほど、8.2だと30万円いくかいかないかというところだが、どちらでもよいので仕入れ、ライカでオーバーホールしてもらって 6,7万円ほどの出費である。それに数万円のフォクトレンダーの広角系レンズ(28mmか35mm)を買えば、数年は楽しめると思う。
ひと味違う写真生活を手に入れたいなら、このM8系がお薦めである。

August 17, 2014

写真日乗2014/08/16〜アナログ・オーディオのこと〜

L1114135

撮影:2014/08/16 東京・銀座
Leica M8.2 Ultron 27mm f2.0 VM

写真はすっかりデジタルに移行してしまったが、オーディオはメインのシステムにGARRARD 401を組み入れ、SME(3009)とORTOFON(RMG-309)の2本のトーンアームを調整しながら使っている。しかし後者は、内部配線の接触が良くなくて、ステレオでの再生が片チャンネル音が出ないことが頻繁に起こる。そこで、ステレオの SPU-G/T をつけて、Mark Levinson のプリアンプ ML-1L のMONOに切り替え、モノラル録音のレコードを聴いているのだが、それで十分のような気持ちもして、なかなか新しいアームに交換する気になれない。20万円も出せば、同じ規格のORTOFON のロングアーム(AS-309S)が買えるのだが、はっきりとわかるほど音は変わってしまうことだろう。
ごまかして使っていることは間違いなく、気にもしているのだが、ORTOFON 全盛期のアームと今日のアームでは、使われている材料もずいぶんと質が違うだろう。
劣化していても・・・、否、腐っても RMG 309 ではないかと思うのだが、それは今もカートリッジやトーンアームをつくり続けているORTOFON社に失礼な言いようかもしれない。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f4.5-6.3G ED VR AF-S 50mm f/1.8G AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f2.8 G AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR AF-S Nikkor 14-24mm f2.8G ED AF-S NIKKOR 20mm f1.8G_ AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G AF-S Nikkor 58mm f1.4 G AF-S Nikkor 80-400mm f.4.5-5.6G ED VR AF-S Nikkor 85mm f1.8G AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G AF-S VR Zoom-Nikkor 70-200mm f/2.8G AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED Ai AF Nikkor 28mm 2.8 D Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-5.6D Ai AF Zoom Nikkor 35~70mm F2.8D Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED Ai Nikkor 24mm f2.0S Ai Nikkor 45mm f2.8P AI-S Nikkor 35mm f2.0 Apple iPhone 7 Plus Carl Zeiss Biogon 25mm f2.8 ZM Carl Zeiss C Biogon T* 21mm f4.5 Carl Zeiss Loxia 50mm f2.0 Carl Zeiss Sonnar 55mm F1.8 ZA_ Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm f2.8 ZA Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-35mm f4.0 CONTAX T2 Carl Zeiss Sonnar 38mm f2.8 D3 D4s D800 DP3 Merrill Elmar 3.5cm f3.5 L Elmar 5cm f2.8 L Elmar 5cm f3.5 L Elmar 65mm f3.5 Visoflex Elmarit 28mm f2.8(第3世代前期) Elmarit 90mm f2.8_ GXR + GXR MOUNT A12 GXR+S10 24-72mm F2.5-4.4 VC Hasselblad SWC nonT* Biogon 38mm f4.5 Leica M Monochrome Leica M10 Leica M6 Leica M7 Leica M8.2 Leica M9-P Leica Q Lumix CM1 Lumix GX1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro_ Minolta Autocord 75mm f3.5 Minolta CLE Minolta M-Rokkor 28mm f2.8 NEXUS5 Nikkor 20mm f3.5 Nikkor 28mm f3.5 Nikkor 45mm f2.8 Nikkor 50mm f1.4 Nikon D3 Nikon D4s Nikon D500 Nikon D90 Nikon F2 Nikon F6 Nikon FTN Noctilux 50mm f1.0 第2世代前期 OLYMPUS OM-D E-M1 Panasonic Lumix GX1 RICOH GR SIGMA 24mm f1.4 DG Art SIGMA 35mm f1.4 DG Art SIGMA 50mm f1.4 DG Art SIGMA dp0 Quattro SONY FE 28-70mm f3.5-5.6 OSS SONY FE 85mm f1.4 GM SONY RX100 SONY α7R II SONY α7s Summaron 35mm f3.5 L Summicron 35mm f2 ASPH 第5世代 Summicron 50mm f2.0 第三世代 Summicron M 35mm f2.0 ASPH. Summilux 25mm f1.4 Summilux 50mm f1.4 第一世代後期 Summilux-M 35mm f1.4 ASPH Summilux-M 50mm f1.4 ASPH. Super-Angulon 21mm f3.4 TAMRON SP AF90mm f2.8 Di MACRO TAMRON SP 24-70mm f2.8 Di VC TAMRON SP 35mm f1.8 Di VC USD TAMRON SP 90mm f2.5 MACRO 52BB Voightlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm f4.5 Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5_ Voightlander ULTRON 28mm f2.0 Voigtländer HELIAR classic 75mm f1.8 Voigtländer Color-SKOPAR 35mm f2.5 Voigtländer Heliar 50mm f2.0 L Voigtländer Heliar Vintage Line 50mm f3.5 Voigtländer NOKTON 25mm f 0.95 Voigtländer Super Wide Heliar 15mm f4.5 ASPH ii Voigtländer Ultron 35mm f1.7 ASPH. Voigtländer Nokton Classic 35mm f1.4 SC フィルム マラソンを走る 前十字靭帯再建術・リハビリ 国鉄蒸気 日記 短歌

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30