Posts categorized "Voigtländer Nokton Classic 35mm f1.4 SC"

February 10, 2013

写真日乗2013/02/10〜東京マラソンに向けて〜

L10010811

撮影:2013/02/10 東京・神田駿河台
Leica M Monochrome  Voigtländer NOKTON Classic 35mm f1.4 SC

2週間後の東京マラソンに向けて、昨日最後のLSD(Long Slow Distance)37km を終えた。年末からの7週で30キロ走4本、40キロ前後3本をこなしたので、十分なトレーニングが積めたと思う。その結果、足腰の筋肉はかなり張っている状況だ。そこで今日は、練習後に東京神田に行き、7,8年前から見てもらっているトレーナーを指名し、マッサージを受ける。左より右、臀部からハムストリングにかけての張りが強かった。あと2週間、トレーニングをしながら調整をして、あとはその日の好天にかけるのみ。
その後、駿河台に行って、故障したオーディオ製品の修理を依頼、かなり古いものなので、修理は受け付けてくれないかもしれないということ。新しいものを買うこともひとつの選択肢だが、気に入っている製品なので、できれば直して使いたい。
ピュアオーディオの世界は、もともと市場が小さいので、値の張る製品が多いが、例えばいま10万円で売っている製品は、昔ならば3万円ほどで手に入ったレベルのものである。製品をしっかり作れる技術者が少なくなってしまい、出るロットも少ないので、高めの値付けをしないと合わないのである。そのような製品を10万円出して買いたくないという気持ちだ。
私の足も故障だらけだが、まだ直してくれる人がいるだけ良い。

February 06, 2013

写真日乗2013/02/05〜世界に挑む男子〜

20130204l1001021

撮影:2013/02/04 神奈川県川崎市
Leica M Monochrome Voigtländer NOKTON Classic 35mm f1.4 SC

キャパの話に團十郎さんの逝去で書けなかったが、2月3日日曜日の最大の話題は、別府大分マラソン、通称、別大での川内快勝であろう。これほど面白く、かつレース内容の濃いマラソンを国内でみたのは久しぶりである。女子が何度も五輪でメダルを取り注目されてきたが、最近の女子は層が薄く、五輪どころか世界選手権でも入賞のできない状況である。その一方で男子は、ロンドン五輪で今回も出場した中本が6位入賞し、彼を目標に有力者がトレーニングを積み力をつけている。その代表格が川内だ。
今回は、8月のモスクワでの世界選手権の代表選考会を兼ねていたが、川内は大会新記録での優勝で決まった。中本も28キロからの川内の競り合いは見事で、印象の強いレースをした。福岡で2位の堀端よりタイムは悪いが、終盤の落ち込みが激しかった堀端より、中本の方が上だろう。
あとは2月の東京、3月のびわこ毎日であるが、世界選手権の場合、5名の枠があるので、男子はその枠をフルに使って、世界に挑むべきだ。できれば、新人が出てきてほしいところだ。

February 04, 2013

写真日乗2013/02/04〜十二世團十郎、死す〜

20130204l1001024

撮影:2013/02/04  神奈川県川崎市
Leica M Monochrome Voigtländer NOKTON Classic 35mm f1.4 SC

昨年12月5日、十八世勘三郎が亡くなったとき、私は有給休暇を取っていた。朝起きてパソコンを開いて訃報を知り、貴重な有給休暇に予定していたことがほとんど出来ないほど落ち込んでしまった。そして今日も、有給休暇を取っていた。12月5日と同じように朝方、知った。
お二人とも、最後は肺炎。癌がもとだった勘三郎と白血病で免疫機能の落ちていた團十郎はもちろん状況が異なるが、病名としては同じ肺炎である。お二人とも、肺炎で亡くなるような歳ではない。なにやら死に神でもとりつかれたような梨園である。
團十郎さんとは、一度だけ、私が所属する政府の会合でご一緒した。背は低いが、ものすごく貫禄のある姿に、隣に座っていながら、お話をすることすらできなかった。その日、團十郎さんが出席されると事務局から情報を得ていれば、いろいろ考えて、一言二言、歌舞伎のことなど聞いてみたかった。
その後、何度も團十郎さんの舞台を観て、そのたびに宗家の芸を堪能させてもらった。昨年11月の新橋演舞場、幸四郎と組んだ「勧進帳」が、私の観た團十郎さん最後の舞台だったが、その前に澤瀉屋の襲名披露公演で勤められた「将軍江戸を去る」の徳川慶喜を私は忘れることができない。
徳川慶喜の台詞、「江戸の地よ、江戸の人よ、さらば」は、いまでも耳に残っている。それが文字通り、お別れになってしまった。

September 22, 2012

写真日乗2012/09/21〜恐竜のようなる国〜

20120916fh000024
撮影:2012/09/09   横浜市・鶴見
Leica M7  Voigtländer NOKTON Classic 35mm f1.4 SC  

ロンドンオリンピックが、大昔のことのように思える今日この頃である。自由主義圏で行われたオリンピックで、「Freedom」という文字がことさら大きく映し出されたのは、最も多くのメダルを獲得した中国人民と国家指導者へのメッセージだったというわけか。
中国国内の書店から、日本関係の書籍が消えているという。中国系のサイトでは、デモ、抗日、反日は検索しても表示されないという。
表現の自由を規制するのは共産主義の十八番ではあるが、反日デモを煽り、そして抑え、その後、村上春樹の「1Q84」の店頭販売を禁止する国の有り様を目の当たりにすると、自由の重さを実感する。体制を守るためには、兎にも角にも、自国民を自由に操る巧妙さが指導部に必要なのだ。多言は要すまい。彼の国が地球上最後の恐竜のように見えてきた。

September 16, 2012

写真日乗2012/09/16~次の政権へのメッセージとして〜

20120916fh000034
撮影:2012/09/15  横浜市鶴見
Leica M7  Voigtländer NOKTON Classic 35mm f1.4 SC

襲撃され略奪を受けた商店や飲食店の中国人経営者はさぞかし悔しい思いをしているだろう。また、日系企業といっても、マネージメントは中国人が担っている。
これが世界でGDP第二位という経済大国の市民のレベルだ。日本の10倍の人口を要して実現した世界第二位は、はからずも日本の10倍の犯罪者が昼夜、市内を暴れ回っていることを世界に示してしまった。
在外公館を守らなければ行けないという最低の義務すら果たそうとしない中国政府にも批判が集まろうが、世界で仕事をし学ぶ中国籍の人々は、明日以降、どんな顔をすればよいのだろう。明日は幸い、日本は休みだが、中国語は控えた方が良いかもしれぬ。日本の若者の鬱積も相当のレベルにある。しかし、「愛国無罪」は、彼の国以外では認められない。日本人で中国人が暴行されれば、日本の警察は日本人を逮捕する。それが法に基づく統治だ。
中国に進出している世界の企業は早速、中国からの撤退を検討しはじめるだろう。その結果、膨大な数の失業者が各地にあふれ出す。中国政府は、ふたたび日本のせいにし、暴動が起きるだろうが、それで問題は解決せず、体制の崩壊に向かうのではないか。そのシナリオを踏まえた対中戦略は、官民挙げて練り上げておくべし。無策の現政権ではなく、次の政権へのメッセージとして強調しておきたい。

September 06, 2012

写真日乗2012/09/06~国会議員のサボタージュ〜

20120904fh000033
撮影:2012/09/06  東京・神田
Leica M7  Voigtländer NOKTON Classic 35mm f1.4 SC
Fuji Pro160C

結局、消費税率引き上げが決まっただけの国会だった。社会保障制度の合理化、効率化は先送り、TPPも未だ交渉参加ができていない。脱原発依存だけは、民主党政権最後の方針として決まりそうだが、人々の生活を壊しかねない危険性をはらむ。おそらく次の政権では、すぐに見直しの作業がはじまるだろう。
与野党の議員ともに、これほど情けない実績しか残せなかったことに、内心、忸怩たる想いがあるに違いない。そう、思いたい。国民の鏡でもある国会議員のサボタージュは、この国の劣化を如実に現す。だから近隣諸国は、足下を見る。
そのことにも気づかない国民はどれほどいるのだろうか。

写真日乗2012/09/05~さびれゆく商店街〜

20120904fh000017
撮影:2012/09/02  横浜市・鶴見
Leica M7  Voigtländer NOKTON Classic 35mm f1.4 SC
Fuji Pro160C

閑散とした日曜の夕方の商店街、もはや商店街としての体を成していない。空き店舗も多いが、最近、貴金属買い取りのいかがわしいショップが二軒できた。程度の悪い品ばかり置かれているリサイクルショップも二軒。貴金属買い取の店は閑古鳥が鳴いていて、リサイクルショップはそれなりににぎわっている。その状況から、この街に住む者の所得環境がうかがい知れる。
それでも、オリジナルのパンが美味しいベーカリーとお煎餅、最中を手製で供する和菓子店など、行きつけの店はある。しかし、和菓子店は私より高齢の方がご主人で、後継者もおらず、いつまでもつのだろうかと心配である。
 

July 15, 2012

写真日乗2012/07/15~肌感覚としての違和感~

Up_web_1111162
撮影:2012/07/14  東京・東銀座
Leica M8.2  Voigtländer NOKTON Classic 35mm f1.4 SC

東京〜横浜あたりでは蝉が鳴き始めた。もうすぐ梅雨明けだろう。暑い夏がはじまった。それでも、昨夏のような切羽詰まった危機感はないように思う。
昨日、JR、メトロの電車を乗り、今日も一駅だけJRの電車に乗ったが、しっかりとエアコンが効いていて、すっと汗がひくのだ。この感覚は、昨夏にはなかったものだ。それは文字通り、肌感覚なのだけれども、いつもの夏がかえってきたのかなとも思う。
それでも同僚の子供を育てている女性は、子供を海水浴には連れて行きたくないという、夏なのに夏ではない、ことは昨年と何ら変わらない。
日本人はおそらく、その違和感を持ち続けるに違いない。否、違和感を持ち続けることこそ、日本人の役割なのかもしれない

写真日乗2012/07/14~團子への期待~

Up_web_1111168
撮影:2012/07/14  東京・新橋演舞場
Leica M8.2   Voigtländer NOKTON Classic 35mm f1.4 SC

先月に引き続き、澤瀉屋襲名披露の公演を観に行く。今回は、猿之助、中車、團子が市川宗家の團十郎、海老蔵とともに口上を行うというところが、見所(聴き所?)だった。
中車は依然として、歌舞伎役者の口上ができない。その一方で、團子は短いながらも見事な口上を披露した。抑揚をつけて、声をわざと裏返させるという芸当まで。拍手の大きさは中車以上だった。
市川宗家で舞踊を習っていたということを團十郎さん話されていたが、着々と所作も身につけつつあるのだろう。隔世遺伝を期待するというか、度胸ある舞台を見せてくれることだろう。
但し、團子が本格的に活躍するまでまだ20年はかかる。私はその時、75歳、生きる目標にでもするかな。

October 28, 2011

酔いながら撮る

L9999507

仕事からの帰りは、すこし歩いて神田から乗る、という習慣が20年近く続いている。行きつけのワインショップや中古カメラ店、釣り道具店などがある神田であるが、ここは「おじさんたちの街」だ。
まだ7時過ぎだが、もう千鳥足の人もいる。それでも誰も文句は言わない。これが丸ノ内だと、鬱陶しそうに肩をぶつけながら追い越していく若いキャリアがいる。でも、みな年をとるのだ。丸ノ内に住み続けられるのは、一社一人であることを知るべし。

Leica M8.2
Nokton Classic 35mm f1.4 SC

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f4.5-6.3G ED VR | AF-S 50mm f/1.8G | AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f2.8 G | AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR | AF-S Nikkor 14-24mm f2.8G ED | AF-S NIKKOR 20mm f1.8G_ | AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G | AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G | AF-S Nikkor 58mm f1.4 G | AF-S Nikkor 80-400mm f.4.5-5.6G ED VR | AF-S Nikkor 85mm f1.8G | AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G | AF-S VR Zoom-Nikkor 70-200mm f/2.8G | AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED | Ai AF Nikkor 28mm 2.8 D | Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-5.6D | Ai AF Zoom Nikkor 35~70mm F2.8D | Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED | Ai Nikkor 24mm f2.0S | Ai Nikkor 45mm f2.8P | AI-S Nikkor 35mm f2.0 | Apple iPhone 7 Plus | Carl Zeiss Biogon 25mm f2.8 ZM | Carl Zeiss C Biogon T* 21mm f4.5 | Carl Zeiss Loxia 50mm f2.0 | Carl Zeiss Sonnar 55mm F1.8 ZA_ | Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm f2.8 ZA | Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-35mm f4.0 | CONTAX T2 Carl Zeiss Sonnar 38mm f2.8 | D3 | D4s | D800 | DP3 Merrill | Elmar 3.5cm f3.5 L | Elmar 5cm f2.8 L | Elmar 5cm f3.5 L | Elmar 65mm f3.5 Visoflex | Elmarit 28mm f2.8(第3世代前期) | Elmarit 90mm f2.8_ | GXR + GXR MOUNT A12 | GXR+S10 24-72mm F2.5-4.4 VC | Hasselblad SWC nonT* Biogon 38mm f4.5 | Leica M Monochrome | Leica M10 | Leica M6 | Leica M7 | Leica M8.2 | Leica M9-P | Leica Q | Lumix CM1 | Lumix GX1 | M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro_ | Minolta Autocord 75mm f3.5 | Minolta CLE | Minolta M-Rokkor 28mm f2.8 | NEXUS5 | Nikkor 20mm f3.5 | Nikkor 28mm f3.5 | Nikkor 45mm f2.8 | Nikkor 50mm f1.4 | Nikon D3 | Nikon D4s | Nikon D500 | Nikon D90 | Nikon F2 | Nikon F6 | Nikon FTN | Noctilux 50mm f1.0 第2世代前期 | OLYMPUS OM-D E-M1 | Panasonic Lumix GX1 | RICOH GR | SIGMA 24mm f1.4 DG Art | SIGMA 35mm f1.4 DG Art | SIGMA 50mm f1.4 DG Art | SIGMA dp0 Quattro | SONY FE 28-70mm f3.5-5.6 OSS | SONY FE 85mm f1.4 GM | SONY RX100 | SONY α7R II | SONY α7s | Summaron 35mm f3.5 L | Summicron 35mm f2 ASPH 第5世代 | Summicron 50mm f2.0 第三世代 | Summicron M 35mm f2.0 ASPH. | Summilux 25mm f1.4 | Summilux 50mm f1.4 第一世代後期 | Summilux-M 35mm f1.4 ASPH | Summilux-M 50mm f1.4 ASPH. | Super-Angulon 21mm f3.4 | TAMRON SP AF90mm f2.8 Di MACRO | TAMRON SP 24-70mm f2.8 Di VC | TAMRON SP 35mm f1.8 Di VC USD | TAMRON SP 90mm f2.5 MACRO 52BB | Voightlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 | Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm f4.5 | Voightlander SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5_ | Voightlander ULTRON 28mm f2.0 | Voigtländer HELIAR classic 75mm f1.8 | Voigtländer Color-SKOPAR 35mm f2.5 | Voigtländer Heliar 50mm f2.0 L | Voigtländer Heliar Vintage Line 50mm f3.5 | Voigtländer NOKTON 25mm f 0.95 | Voigtländer Super Wide Heliar 15mm f4.5 ASPH ii | Voigtländer Ultron 35mm f1.7 ASPH. | Voigtländer Nokton Classic 35mm f1.4 SC | フィルム | マラソンを走る | 前十字靭帯再建術・リハビリ | 国鉄蒸気 | 日記 | 短歌

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ
July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31