Recent Trackbacks

HIRO

無料ブログはココログ

« 文藝春秋四月号「ルポ下層社会」について | Main | ポーラ美術館「ピカソ 5つのテーマ」を観る »

March 24, 2006

村上春樹と枡野浩一

枡野浩一のかんたん短歌blogに、村上春樹が文藝春秋四月号に寄せた『ある編集者の生と死 安原顯氏のこと』に対する感想が書かれている。私は村上春樹も枡野浩一も信頼できる文筆家であると思っているが、村上春樹の文藝春秋の原稿も枡野浩一のブログも、それぞれに読後感のあまり良くない部類に属するものであった。

村上春樹がこうした散文を書くのは実に珍しい。今回は、自身が被った生原稿の流出がテーマだったため、やや感情的と思える行が多く、村上春樹らしからぬものだと感じた。

とりわけ、既に故人となっている安原氏が、必死の思いで小説を書き、村上春樹にも読ませた行では、「そのたびに当たり障りのない感想を述べていた。悪いことはひとことも言わなかったと思う。良い部分だけを取り上げて、そこを集中して熱心に褒めた」と書いている。これは、プロの文筆家に対する最大の侮辱である。悪い部分を言わないということは、見下した態度に示していることにほかならないからだ。

ほかにも、世界的な作家になっている村上春樹には、背伸びしても、飛び跳ねても届かない編集者上がりの作家、安原顯の苦渋がにじみ出る言動が、村上の筆によって次々に暴露されている。安原氏が村上春樹の自筆原稿をわがものとして売りさばいていたというだけで、ここまで故人を責め立てることはないだろう。

一方、枡野浩一のブログで最も引っかかったことは、「今までのヤスケン(安原顯)による村上春樹批判をすべてチャラにしようとする試み。じつに卑怯者。あとだしジャンケン」という行だ。村上春樹は、基本的に自身の作品に対する批評に耳を貸さないタイプの作家である。文藝春秋の原稿でも、「それが故のない批判であるからというだけではなく、僕としてはずいぶん長いあいだ安原さんのことを個人的な友だちだと思ってきたからだった」と述べているように、批判は批判としても、なぜ安原氏に今さら言われなければならないのかといった戸惑いが明確なかたちで書かれている。

枡野は、「故人が生きているうちはお上品に沈黙を貫き、今ごろになって、絶対に勝てるような方法で秘められた「歴史」を語る村上春樹の態度は、「男らしさ」から最も遠いものだろう」と述べているが、村上春樹を少しでも知っている者ならば、彼が熟慮の末、その事実を明かしたことは想像できるはずである。村上の作品世界に登場する者たちは、寡黙で忍耐強く、そして全てが終わったあとにようやく、感情を表に出すようなタイプの者が多い。おそらく村上春樹も分類すれば、そうしたタイプの人間なのだろう。

確かに、安原はこの世にいない。安原は、この原稿に批判は出来ないが、少なくとも安原は生前、村上作品に対して、いわれなき批判をさまざまなかたちで行っていたのである。それは安原自身が、村上作品の刊行を担当した編集者という立場でなければ、耳を傾ける者はいないという確信のもとに行われたものであり、村上にとってはずいぶんと不愉快でそして悲しい体験であったと推察できる。

それに加えて、伝えられているように、安原が村上の生原稿をわが所有物にしたということが事実ならば、やはりこの世界では生きていく資格のない人間という烙印を押されても仕方ないと思う。

枡野の文章を読んで心配なのは、村上春樹に対して、根深い恨み、あるいは嫉妬のようなものが絡み合っているのではないか、ということである。村上春樹は才人だが、枡野浩一もそれに負けないほどの才人である。ブログにあるような、枡野らしからぬ文章が、なぜ村上に向けられるのか、私が理解できる経路は恨みや嫉妬に類するもの以外、思い当たらない。

ある特定に人間に対する憎悪は、私自身にもある。一度も会ったことのない人物であっても、マスコミなどで頻出する姿を見ただけで、イライラする場合もあるほどだ。枡野浩一が村上春樹に対して、そのような感情的なものを腹に持っていて、今般、機を得てブログに批判的な文章を書いたのではないかと勘ぐるほど、枡野らしからぬ感情的な文章であることだけは確かである。

« 文藝春秋四月号「ルポ下層社会」について | Main | ポーラ美術館「ピカソ 5つのテーマ」を観る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32568/9237815

Listed below are links to weblogs that reference 村上春樹と枡野浩一:

» 【日記帳から】村上春樹その後 [枡野浩一のかんたん短歌blog powered by ココログ]
※ちっとも「日記」ではないが……。 [Read More]

« 文藝春秋四月号「ルポ下層社会」について | Main | ポーラ美術館「ピカソ 5つのテーマ」を観る »

Most Recent Photos